韓半島周辺の海水から放射線物質は検出されず

韓半島周辺の海水から放射線物質は検出されず

2011年04月12日11時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国原子力安全技術院(KINS)は国立水産科学院が採取した韓半島周辺の海水と海洋生物を分析した結果、放射性物質が検出されなかったり、福島第一原子力発電所事故以前と同水準だと確認されたと11日に明らかにした。

  沿岸12カ所と遠海9カ所で採取・分析した海水からはヨウ素、セシウムとも検出されなかった。

  また、魚類・貝類・海草類の試料23件のうち魚類8件から1キログラム当り0.093~0.253ベクレルのセシウム137が検出されたが、原発事故以前と同水準だった。

  最大値の0.253ベクレル水準の魚介類を年間18.3キログラム(成人の年間魚介類摂取量)食べても年間放射線被ばく許容値1ミリシーベルトの1万6667分の1にすぎないとKINS側は説明した。

【ホットクリック】

・民主党が地方選で惨敗、小沢元代表「菅首相のせい」
・【コラム】自殺の抗弁も耳に入らない…
・少女時代のソヒョン、ギターを弾く姿が話題に
・「韓国史必修」公聴会…「歴史に自負心を抱く内容を」
・東日本大震災から1カ月…「中国の取引先を開拓」
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事