元少女時代ティファニー、米iHeartRadioベストソロ部門にノミネート

元少女時代ティファニー、米iHeartRadioベストソロ部門にノミネート

2019年01月12日10時54分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「2019iHeartRadio Music Awards」ベストソロ部門にノミネートされたTiffany Young。
  元少女時代のメンバーで現在は米国を拠点に歌手として活動しているティファニーが、3月14日に米国ロサンゼルスで開催される「2019iHeartRadio Music Awards」ベストソロ部門にノミネートされた。

  今月10日、2019iHeartRadio Music Awards側が公開したベストソロ部門(Best Solo Breakout)リストによると、ティファニーはアリー・ブルック(Ally Brooke)、ダイナ・ジェーン(Dinah Jane)、ローレン・ハウレギ(Lauren Jauregui)、ノーマニ(Normani)とともに候補に選ばれた。

  米国のそうそうたる女性アーティストと肩を並べながらベストソロ部門にノミネートされたティファニーは、唯一の韓人系米国人アーティストという点で一層関心を集めている。

  ティファニーもまた自身の公式SNSを通じて「私がベストソロ部門の候補に入ったという事実がまだ信じられない。これは本当に特別なこと。皆さん、本当に愛しているし、感謝している」と喜びと興奮が混じった感想を伝えた。

  一方、昨年からTiffany Youngとして米国活動に入ったティファニーは、自身初となる米国EPアルバム『Lips On Lips』の先公開曲『Born Again』を今月24日に発売する。

  続いて3月からはトロントを皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ミネアポリス、シアトル、バンクーバー、サンフランシスコ、ロサンゼルスで『Lips On Lips』北米ミニショーケースツアーも開催する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事