【コラム】エジソンとテスラに挟まれた韓国経済(1)

【コラム】エジソンとテスラに挟まれた韓国経済(1)

2016年01月21日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  トーマス・エジソン(1847-1931)とニコラ・テスラ(1856-1943)は初期の電気の歴史を開いた発明家だ。エジソンは白熱電球の発明家として非常に有名だ。ところが厳密にいえば、エジソンは電球を発明したのではなく改善した。アレッサンドロ・ボルタが電気を発見した後、多くの発明家が光を出すガラス管を作った。しかし日常生活に使えるほどの電球を作った人はいなかった。炭素フィラメントを利用し、安くて耐久性がある電球を作ったのがエジソンだ。

  エジソンが成し遂げたより大きな業績は、おそらく電力システムを初めて構築したことだろう。1882年9月4日、ニューヨーク・マンハッタン南部にある59軒の邸宅に一斉に白熱灯がついた。パールストリートにある発電所で作った110ボルトの直流電気が史上初めて送電されたのだ。人類を夜の制約から解放する電気時代の幕開けを知らせる事件だった。ここにはエジソン電気会社が作った白熱電球だけでなく、発電機と配電網が使われた。生産と消費を合わせる電力システムが初めて登場したのだ。その後、急速に広まった電気は20世紀の文明を支える土台となった。同じくエジソンが発明した映画と蓄音機も、安定した電力網のおかげで普遍的なレジャー手段になった。

  テスラは永らくエジソンの光の影に隠れてきた科学者だった。セルビア生まれのテスラは発明家であり、電気および機械工学者であり、物理学者、未来学者という変わり者だった。電線なしに電球を明るくする無線送電技術を探求し、史上初めて無線操縦ボートを作った。テスラが試みた高周波を利用した無線通信実験はX線や移動通信技術の発達にアイデアを提供した。

  電気が普遍化する過程でもテスラの役割は大きかった。エジソンが始めた直流システムには致命的な短所があった。送電距離が長いほど電力が急速に弱まった。こうした弱点がある中、英国を中心に普及していた交流電気が代案として急速に浮上した。脅威を感じたエジソンは1884年、パリの子会社にいたテスラを呼んで直流発電機の改善を任せた。しかしテスラは交流発電機がより効率的だという事実を発見した。効率的な交流発電機と変圧器も開発した。しかし直流にこだわったエジソンはテスラを冷遇した。これに失望してエジソン電気会社を離れたテスラは、ジョージ・ウェスティングハウスに関連特許を譲った。これは、1893年のシカゴ万国博覧会が交流電気を採用し、「電流戦争(war of currents)」が交流の勝利で終わるのに決定的な役割をした。エジソンが設立したエジソン電気会社がゼネラルエレクトリック(GE)に合併されて消えたのもこの余波であった。もちろん2人の仲が良かったはずはない。エジソンはテスラを狙って「交流は高圧なので危険だ」という点を強調した。このためにマンハッタンにつながる橋の上でゾウを交流で感電させて殺すパフォーマンスまで行った。テスラも劇場に人を集め、自分の体に直接交流を通過させる猟奇公演で反撃した。

【コラム】エジソンとテスラに挟まれた韓国経済(2)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事