日本の輸出企業、韓国への販路閉ざされ戸惑い…「寝耳に水、政府の説明なかった」

日本の輸出企業、韓国への販路閉ざされ戸惑い…「寝耳に水、政府の説明なかった」

2019年07月02日07時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本政府が韓国に対する半導体材料の輸出規制を強化すると発表したが、日本の輸出業界も当惑する雰囲気だ。

  時事通信が1日に伝えたところによると、日本国内の関連企業には政府から明確な打診がなかったという。業界団体は「寝耳に水」という反応を見せ、各企業は情報収集を急いでいる。

  今回規制対象となった3品目のうち市場が最も大きいのはレジストで、JSR、東京応化工業、信越化学工業の3社が取り扱っている。また、レジストの中でも主に規制対象になるのは極端紫外線(EUV)を利用した最先端の「EUVレジスト」とこの原料に関連した技術だ。EUVで加工された半導体はサムスン電子が生産するスマートフォンの心臓部に使われている。

  東京応化工業の広報担当者は時事通信に、「サプライチェーンへの影響を心配していた(中国通信機器最大手の)ファーウェイに対する制裁が今回緩和されただけに、落胆は大きい」と話した。ただEUVレジストは比較的生産量が少なく、韓国国内にも生産拠点を持っていることもあり「影響は限定的」と伝えた。

  フッ化水素を生産する森田化学工業は「事前の書類提出などに手間がかかることが予想されるが、輸出を継続したい」(担当部署)との意向を明らかにした。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事