河野外相「米朝会談、事前に米国から進展は難しいと…」

河野外相「米朝会談、事前に米国から進展は難しいと…」

2019年03月09日09時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  河野外相が8日、2回目の米朝首脳会談に関し、米国側から事前に進展は難しいという言葉を聞いていたと伝えた。

  NHKなどによると、河野外相はこの日の衆議院外務委員会で「(米朝首脳が)合意に至らなかったことは残念だが、事前の実務協議の段階で『なかなか進展は難しい』ということを日米で共有していた」と明らかにした。

  米朝交渉については「完全で検証可能かつ不可逆的な廃棄ということから考えると寧辺(ヨンビョン)の核施設はその一歩でしかない。制裁の解除を求めるなら、しっかりと非核化を実現してもらわなければならず、北朝鮮が大きな歩幅で一歩踏み出すことを期待したい」と指摘した。

  対北朝鮮制裁緩和のための北朝鮮の非核化措置については「少なくとも核兵器開発用の原子炉にコンクリートを流し込む段階まで」と主張した。

  北朝鮮の日本人拉致問題に関しては「最終解決のためには日朝首脳会談を開催する必要がある」とし「(日朝会談の開催は)いくつかの過程を踏まなければいけない」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事