釜山の高校教師4人、女子生徒21人にセクハラ

釜山の高校教師4人、女子生徒21人にセクハラ

2017年08月05日11時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  釜山(プサン)のある高校教師4人が女子生徒21人に対して不必要に体に触れるなどの行為をしていたことが分かった。こうした行為があった3カ月間、学校、教育庁、校内暴力担当警察はこれを知らなかった。後にこうした事実を知った相談教師は校長に報告したが、警察には申告しなかった。学校側は被害生徒が相談を拒否し、加害者を特定できなかったと主張している。

  釜山警察庁によると、釜山A高校2年担当教師B(56)は4月から教室で数人の生徒を相手に不必要な身体接触とセクハラ発言をした。被害女子生徒のうち1人が6月20日に相談教師に伝え、性暴力専門相談教師も確認した。相談教師らは同月26日、「不適切な行為があったが、加害者が誰かは分からない」という趣旨で校長に報告した。校長はこれを教育庁と捜査機関に申告しなかった。関連法によると、性犯罪事実を認知した瞬間に捜査機関に申告することになっている。

  学校がいかなる措置も取らないため、被害生徒は叔母が警察官という友人にこれを打ち明けた。この警察官の申告で6月27日、江西(カンソ)警察署は捜査に着手した。被害申告をした女子生徒は現在、精神科の相談を受けているという。

  警察は先月10日、釜山地方教育庁に同高校の2年生を対象に全数調査をしてほしいと要請した。被害生徒がほかにもいるかもしれないという判断からだ。教育庁は2年生全員にアンケート調査を行い、その後1、3年生にも調査を拡大した。釜山教育庁の関係者は「2年生を対象に調査したところ、B教師だけでなく他の教師からも不適切な行為を受けたという陳述を確保し、全校生に調査範囲を拡大した」と説明した。

  調査の結果、教師C(49)、D(48)、E(36)が6月から教室で数人の生徒を相手に身体接触を繰り返していたことが確認された。被害生徒は21人にのぼった。同高校の全校生は499人であり、4%ほどが被害を受けたということだ。

  警察は容疑を一部否認している教師を追加で調べた後、来週送検する計画だ。教師4人は職位解除処分を受けた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事