サムスン電子の営業利益、ギャラクシーが軌道に乗った3年前水準にUターン

サムスン電子の営業利益、ギャラクシーが軌道に乗った3年前水準にUターン

2014年10月08日09時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子は7日、異例的に第3四半期の暫定業績について説明した。第3四半期の確定業績発表日まで市場と投資家の混乱をなくし、理解度を高めるためのものと理由を明らかにした。

  サムスン電子によると、第3四半期の業績ショックの主要因はこれまで営業利益全体の70%まで占めていたスマートフォン部門の販売急減だ。世界的に競争が激しくなり販売量は小幅に増えた。だが、「ギャラクシーS5」のようなハイエンド製品の販売割合が減り、旧型モデルの価格も下がったことで平均販売単価が下落した。また振るわない業績を埋めるためにマーケティング費用を積極的に執行したこともマージン急減の原因として作用した。

  証券業界の推定によると、スマートフォンを担当するITモバイル(IM)部門の営業利益は全体の半分に満たない1兆ウォン台後半にとどまったとみられる。

  数字だけ見れば第3四半期は3年前の2011年第2四半期とほぼ同じ状況だ。当時サムスン電子は営業利益3兆8100億ウォンを達成した。部門別ではIM部門が1兆7000億ウォン、半導体部門が1兆8100億ウォン、生活家電部門が3000億ウォンの営業利益をそれぞれ記録した。

  ディスプレー部門は1300億ウォンの赤字を出した。違いがあるなら数字は同じでも状況は正反対という点だ。今年第3四半期はスマートフォン販売記録がピークから下り坂に追いやられた状況ならば、3年前はアップルのiPhoneに対抗しギャラクシーS2を発売し急成長の足場を固めた時だった。

  スマートフォンの業績が急減し部品部門も苦戦した。ディスプレーに使う有機ELパネルとスマートフォンの頭脳に相当するアプリケーションプロセッサーが代表的だ。部品から完成品まで垂直一貫体制を備えるサムスンの長所が一瞬にして致命的な弱点に変わったのだ。

  テレビを中心とした消費者家電(CE)部門もやはり後退した。証券業界によるとCE部門の営業利益は1000億ウォン台に縮小したか赤字に転落した可能性もあるとみられる。

  その中でサムスン電子の墜落を防御したのは最低2兆ウォン以上の営業利益を上げたとみられるメモリー半導体事業だ。PCとサーバーがよく売れて価格が安定化した。おかげで原価が節減され業績も良くなったというのがサムスンの説明だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事