韓経:販売台数回復傾向だが…現代・起亜自動車、中国で依然苦戦

韓経:販売台数回復傾向だが…現代・起亜自動車、中国で依然苦戦

2018年09月12日09時04分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代・起亜自動車が昨年中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復以降続く販売不振からなかなか抜け出せずにいる。中国工場で生産した自動車の一部を東南アジアなどに輸出する「苦肉の策」まで検討するほどだ。

  現代・起亜自動車が11日に明らかにしたところによると、両社は今年に入り7月までに中国で60万1444台を売った。前年同期の50万964台と比較すると販売台数は20.1%増えた。しかしTHAAD報復以前の時期に比べると話は変わる。

  現代・起亜自動車は2015年1~7月に89万7554台を売った。2016年の同じ期間の販売台数は91万9380台に達した。2016年と比較すると今年の販売実績は3分の2水準にすぎない。業界関係者は「現代・起亜自動車の中国販売台数が回復傾向を見せているがTHAAD報復以前と比較するとはるかに足りない水準」と話す。

  現代・起亜自動車は販売不振で下落した工場稼動率を引き上げ、在庫を処理するために中国で生産する車を輸出する案を考慮している。現代自動車の中国合弁法人である北京現代は北京第1~第3工場、滄州工場、重慶工場、四川商用車工場を合わせて年間181万台の生産体制を整えている。起亜自動車の合弁法人である東風悦達起亜は年産89万台の塩城工場を稼動中だ。両社を合わせた中国内の自動車生産能力は年間270万台だ。だが昨年現代・起亜自動車の販売台数は114万5012台にとどまった。

  現代・起亜自動車は今年末に中国生産車両を輸出するか決める予定だ。両社はこれまで中国工場で生産したモデルを他の国に売ったことはない。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事