ディスプレーまで…中国の低価格攻勢でLG・サムスンに悪影響(1)

ディスプレーまで…中国の低価格攻勢でLG・サムスンに悪影響(1)

2018年07月10日10時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界トップに立っている韓国のディスプレー産業が揺れている。

  中国の「ディスプレー崛起」に足を引っ張られた影響だ。昨年は過去最高の実績を上げたが、今年は実績が逆さまに落ちている。証券業界はLGディスプレーが4-6月期に2670億ウォンの損失を出すと予想する。1-3月期に6年ぶりに983億ウォンの営業損失を出した後、下落幅が大きくなっている。こうした中、有進(ユジン)投資証券は9日、「LGエレクトロニクスが37.9%を持つLGディスプレーの株式をLGエレクトロニクスの企業価値算定から除外する」という内容の投資報告書まで出した。LGディスプレーの株式価値をゼロとみるということだ。先月には株式価値を2兆6790億ウォンと評価していた。

  まだ損失は出していないが、サムスンディスプレーも雰囲気は良くない。4-6月期の営業利益は1000億ウォンにとどまる見通しだ。前年同期には1兆7000億ウォンを稼いでいた。

  中国の影響が大きい。中国は液晶パネル(LCD)産業を国家産業に指定し支援を惜しまなかった。すでに面積基準で世界のLCD市場でシェア34.9%を占め、韓国の27.4%を上回っている。昨年LCDパネル世界トップに浮上した中国BOEをはじめ、中国HKC、台湾AUなどが製品価格を大幅に引き下げLCD価格は下落した。グローバル市場調査会社ウィッツビューによる、と昨年210ドルまで上昇したテレビ用LCDパネル平均価格は先月末には177.3ドルまで下落した。

  LGディスプレーとサムスンディスプレーはLCDから有機ELに事業構造を変えているが、まだ売り上げではLCDが占める割合が大きい。

  LGディスプレーは売り上げの90%をLCDで得ている。有機EL中心に変貌するために今年は9兆ウォンを設備投資に使う計画だが、その前に中国の直撃弾を受けた。サムスンディスプレーは売り上げ全体でLCDが占める割合は30%水準だ。LGディスプレーより事情は良いが、打撃を避けることはできない。

ディスプレーまで…中国の低価格攻勢でLG・サムスンに悪影響(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事