米国「対北朝鮮オプションで韓国を驚かせない」

米国「対北朝鮮オプションで韓国を驚かせない」

2017年04月14日08時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ペンス米副大統領
  米国が韓国政府に対し「北朝鮮の核問題に関連して米国が選択するいかなるオプションにおいても韓国を驚かせることはない(no surprise)」という点を約束したと、複数の当局者が13日述べた。一部で懸念されているように米国が韓国との事前協議なく独自の軍事行動をとるような極端な対北朝鮮オプションを使う「コリアパッシング(Korea passing)」はないという意味だ。

  政府当局者によると、韓米は1月のトランプ政権の発足後、数回の政策協議を経て「韓米同盟の間にはサプライズもなく、間隙もなく(no space)、一寸の意見の違いもない(no daylight)」という3大原則を共通分母にした「共同の北核接近案」に合意した。韓米間の「共同の北核接近案」は、2月7日の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官とティラーソン米国務長官の初めての電話会談でティラーソン長官が言及した。

  外交部の当局者は「トランプ政権は対北政策点検・採択過程で韓国とほとんどリアルタイムで調整した」とし「ティラーソン長官が3月に訪韓した当時、同盟中心の接近(alliance-centric approach)を強調したのも同じ脈絡」と説明した。

  尹炳世長官もこの日、国会外交統一委員会に出席し、「米国の対北行動フルオプションを政府は詳しく把握しているのか」という共に民主党の李仁栄(イ・インヨン)議員の質問に対し、「そう思ってもよい。米側の考えを十分に判断している」と答えた。続いて「米国は北関連の措置を取る際、常に我々と相談するという点を数回にわたり明確にした。先日も米国の高官が国内の懸念を念頭に置きながら、北関連の決定や措置は韓国の立場を必ず尊重するという立場を伝えた」と説明した。実際、この日午前、米国はトランプ大統領と中国の習近平国家主席の前日の電話会談内容を詳細に知らせてきたという。

  国防部のムン・サンギュン報道官が11日、米国の独自の軍事作戦の可能性について「韓米協議を通じて韓半島連合防衛体制と協調のもとで行われる。すべてのことは韓米同盟の精神により決定される」と述べたのも同じ脈絡だ。

  16日に訪韓するペンス米副大統領も「米国のすべての対北朝鮮政策オプションは『韓国と共にする』という前提で選択される」という点を確認すると、政府当局者は伝えた。

  この当局者は「中国への圧力を通じて北核問題を解決するという意志をこのように積極的に見せた米政権は今までなかった」とし「しかし『すべてのオプションがテーブルの上にある。口先だけではない』という点を強調することと、米国が必ず北を攻撃するかのように見る北爆説は全く違う問題」と指摘した。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事