「北サイバー兵力3万人、米CIAの能力と同レベル」

「北サイバー兵力3万人、米CIAの能力と同レベル」

2011年05月19日09時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が3万人の電子戦兵力を養成中で、その能力は米中央情報局(CIA)に匹敵すると、米FOXニュースが脱北者らの話を引用して17日(現地時間)報じた。

  金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が数年前、「現代戦の勝敗は電子戦遂行能力にかかっている」と述べた後、北朝鮮はサイバー戦能力の向上を最優先に推進してきたと、放送は伝えた。

  放送によると、北朝鮮当局は最も優秀な大学生を選んでハッキングやサイバー戦プログラムを開発する秘密学校に送る。ある学校はセキュリティーが厳しく、金委員長以外は訪問が制限されている。

  脱北者はFOXニュースとのインタビューで、「北朝鮮自動化大学は年間100-110人のハッカーを輩出している。こうした電子戦兵力が軍の核心エリートになっている」と話した。

  この放送によると韓国情報当局は、北朝鮮の電子戦能力が米太平洋軍司令部をまひさせ、米国内の国防ネットワークに広範囲な被害を与えるほどのレベルとみているという。

  電子戦兵力が養成され、北朝鮮のサイバー戦能力も大きく向上したと、放送は分析した。初期の北朝鮮の手法は数台のコンピューターで特定サイトを攻撃する初歩的なレベルだったが、最近では農協のネットワークをまひさせるなど手法が精巧になったということだ。

  北朝鮮にあるコンピューターが最近、米ウェブサイトを頻繁に接続中で、米国防総省もこれを注視していると、同放送は伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事