「韓日関係100年の省察と課題」日本大阪でシンポジウム

「韓日関係100年の省察と課題」日本大阪でシンポジウム

2010年07月11日08時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国学術研究院理事長であるパク・サンウン・ハンナラ党議員は9~10日、日本・大阪で「韓日関係100年の省察と課題」をテーマに第3回韓日本社会文化シンポジウムを開催した。

  シンポジウムでは樋口雄一高麗博物館長が「日本の植民地支配と在日韓国・朝鮮人」というテーマで基調演説を行った。パク議員は開催の辞で「韓日両国首脳が4月に合意した『未来指向的成熟したパートナー関係』に応じるよう両国関係の発展をはかり、新しい100年に向けた転機を用意しなければならない」と述べた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事