「中国役割論」圧迫したが…米国務長官、北朝鮮の核解決策で確答得られず

「中国役割論」圧迫したが…米国務長官、北朝鮮の核解決策で確答得られず

2017年03月20日10時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ティラーソン米国務長官が韓中日歴訪最後の日程である中国を訪問し王毅外相と会談して北朝鮮問題解決に向け協力することにした。しかし解決策では既存の立場の差を狭めることができず平行線をたどった。米国は北朝鮮に対する軍事的対応まで検討しているのに対し中国は6カ国協議再開など対話に固執した。ティラーソン長官の中国説得が失敗した格好だ。

  18日に北京で開かれた今回の会談は4月初めに予定された米中首脳会談の前哨戦に当たる。首脳会談の日程と議題を調整し相手国の意中を把握する席だった。したがって北朝鮮の核解決策などに関連した議論は両国の首脳会談でもう少し具体化されるものとみられる。

  特に両国間のホットイシューのひとつである高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国への配備と関連しては詳しい発言内容は公開されなかった。ただ中国外交部は公式発表文に「王外相がTHAADの韓国配備を繰り返し反対した」と明記した。ティラーソン長官のTHAAD関連発言は明らかにされなかった。当初THAADは交渉の対象ではないというのが米国の立場だった。

  今回の会談で両長官は2時間近く攻防を行った。会談直後に開かれた共同記者会見でもこれを反映するように鮮明な立場の違いが現れた。ティラーソン長官は「対話」という単語は一度も使わず、「20年以上北朝鮮の威嚇を抑止するための試みが成功できなかった」と評価した。対話よりは圧迫を通じた解決策を見出すという意味だ。彼は「核・ミサイル開発を続ける北朝鮮が正しい道を選択するようにするため北朝鮮に影響力がある中国と協力していくだろう」として中国のより積極的な役割も強調した。協力と表現したが事実上中国に対する圧迫だった。

  ◇来月米中首脳会談で具体的解決策期待

  これに対抗して王外相は、北朝鮮の核問題は米朝対話、さらには6カ国協議を通じて解決しなければならないと強調した。彼は「平和的な努力をあきらめてはならない。国連制裁を実行する一方、米国を含むそれぞれの側が賢い選択をしなければならない」と話した。ティラーソン長官が訪中に先立ち韓国・日本を訪れ北朝鮮の核施設に対する先制攻撃を含む軍事的解決を示唆したことに対する牽制だった。王外相はまた「中国は(過去に)米国の要求に応じ米中朝3カ国会談を推進して6カ国協議に拡大させた」と説明した上で、「問題の本質は米朝対立」と指摘した。北朝鮮の核問題の責任を中国に追わせる中国役割論に対する反発だった。北京の外交消息筋は「来月の首脳会談でも両首脳の力比べは続くものとみられる。こうした状況でリーダーシップ不在に陥った韓国の声は反映されないかもしれないという点が懸念される」と話した。

  専門家らは両国の溝は狭まってはいないが、北朝鮮の危険性がさらに強調されたことは成果だと評価した。スティムソンセンターのアラン・ロンバーグ特別研究員は、「北朝鮮の威嚇により軍事的衝突側に流れる現在の雰囲気を米中が深刻に受け止めており、緊急な措置の必要性を確認したことは肯定的」と分析した。その上で「来月に両国首脳が会う時は『誹謗ゲーム(blame game)』や状況悪化に対する責任攻防よりは、解決策を見出そうとするもう少し具体的な努力が期待される」と話した。

  だが米中の解決策があまりに異なり首脳会談で大きな成果を出すのは難しいだろうという見通しも出ている。トランプ大統領の「強攻論」と習近平国家主席の「対話論」の溝がとても大きいという話だ。このため米国の一部ではトランプ大統領の強攻論に対する懸念もある。シンクタンクであるアトランティックカウンシルのロバート・マニング専任研究員は「北朝鮮の長射程砲の射程距離内に2800万人の韓国人がいる。米政府が(現状が南北間の)衝突が互いに抑止されている状況ということを認識する必要がある」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事