ミサイル危機、キューバ危機に似ている?

ミサイル危機、キューバ危機に似ている?

2006年06月22日09時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が発射しようとするのはテポドン2号ミサイルを全面改良した「テポドン3号」という分析が出されている。

  米国のミサイル専門家のチャールズ・ビッグ・グローバルセキュリティ研究員は20日、軍事専門サイトに掲載した文で「北朝鮮が発射準備中のミサイルは1994年、模型だけ発表されたテポドン2号を全面再設計したもの」と推定した。また新しいテポドンミサイルが今年の初め、イランで試験発射に成功したノドンBミサイルと似ている技術を使っていると明らかにした。

  ビッグ研究員はテポドン3号に重さ250キロの弾頭を搭載する場合、射程距離は1万5000キロまで増えるものと見通した。しかし同氏は北朝鮮がこれだけの軽量の小型弾頭を開発しようとすればあと何年もかかるとみた。また北朝鮮が99年から7年間、ミサイル試験発射猶予を宣言したのはテポドン3号開発のための時間稼ぎ戦術だったと指摘した。

  一方、北朝鮮のミサイル事態は62年、キューバのミサイル危機を連想させると米日刊紙USAトゥデイが20日、報道した。同紙はワシントンシンクタンクである国際戦略問題研究所(CSIS)の国防専門家ジョン・ウルフスタル研究員の言葉を引用し、北朝鮮ミサイル事件が「キューバミサイル危機とよい比較になる」と述べた。

  この新聞によれば北朝鮮のテポドンミサイルは射程距離が1万6700キロに達し、ハワイのホノルルはもちろん米西部のロサンゼルスにまで到達する。同氏は「もし北朝鮮がミサイル発射に成功すればこれは米国を攻撃することができる能力を誇示することだ」とし「北朝鮮としては大きな戦略的転換点になる」と言った。

  ◆キューバミサイル危機=62年10月22日~11月2日、旧ソ連がキューバに核弾道ミサイルを配置しようとしたことをめぐり、米国とソ連が核戦争勃発直前まで発展した危急状況をいう。当時ジョン・F・ケネディ米大統領は、キューバ海上を封鎖する措置を取り、ソ連のフルシチョフ書記長にミサイル撤収を要求した。最終的に米国はキューバの安全保障と、ソ連はキューバに向けた16隻のミサイル積載船団を回航させて災いを免れた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事