殺人道具に変わった猟銃…韓国内に個人の銃16万丁

殺人道具に変わった猟銃…韓国内に個人の銃16万丁

2015年02月26日09時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
忠南警察庁科学捜査隊員が25日、銃器による殺人事件が発生した世宗市のコンビニで現場鑑識をしている。カン容疑者はコンビニとその付近で猟銃を発砲し、元同居女性の父と兄、現同居男性の3人を殺害した。カン容疑者は事件直後に自殺した。
  200キロの大きなイノシシを一発で仕留める狩猟用の銃を購入し、警察に預けた。正常に発給を受けた狩猟免許証を提示し、異常がないことを確認した警察は猟銃を渡した。ここまでは法的にいかなる問題もなかった。銃器安全管理規定に基づく手続きだ。しかしこの銃は3人の命を奪う殺人武器となった。

  25日午前8時10分ごろ、世宗市(セジョンシ)将軍面の商店の前で、カン容疑者(50)が元同居女性キムさん(48)の父(74)と兄(50)、現同居男性ソンさん(52)を猟銃で射殺した。自らは1キロほど離れた川沿いで銃を使って自殺した。

  カン容疑者はまず、出勤するために車の運転席に座ったキムさんの兄を殺害し、続いて家で朝食中だったキムさんの父を銃で撃った。その後、キムさんの一家が所有する付近のコンビニで現同居男性のソンさんに向けて猟銃を発砲し、準備していたシンナーをまいて火をつけた。カン容疑者が3人を殺害するのに3分もかからなかった。

  申告を受けて出動した警察は1時間50分後の午前10時6分、川沿いで頭に銃傷を負って死亡しているカン容疑者を発見した。カン容疑者の腹の上には犯行に使われたと推定される長さ1メートル12センチのイタリア製ベレッタ猟銃1丁があった。弾丸が破片のように散る散弾銃だった。カン容疑者の乗用車からは米国製の猟銃が追加で見つかった。カン容疑者はこの日、実弾5発を使い、死亡して発見された時は実弾32発を持っていたと、警察は伝えた。

  カン容疑者は2年半の間、キムさんと内縁関係を維持し、1年6カ月前に別れた。別れた後にもカン容疑者は共同出資したコンビニの問題でキムさんの家族と葛藤があったことが分かった。警察は「カン容疑者がコンビニの追加出資を要求し、別れた後にも愛情問題で時々争いがあった」という元同居女性キムさんの供述を受けた。このため警察はカン容疑者が金銭・痴情問題で恨みを抱いて犯行に及んだという暫定結論を出した。

  警察によると、カン容疑者は昨年7月、銃砲所持許可を受け、11月には忠清北道提川・丹陽地域の狩猟許可を受けた。そして23日午後3時21分には忠南公州警察署新官地区隊にベレッタとフォックスSF猟銃を預けた。その後、25日午前6時25分、また新官地区隊に狩猟許可証を提示して銃器を受け、その直後に事件を起こした。警察はカン氏が容疑者を公州の地区隊に預ける時、すでに犯行を計画していたとみている。警察は「カン容疑者が銃砲所持許可を受け、銃器を持っていく過程などに手続き上の問題はなかった」と説明した。

  現行法上、精神病や犯罪前歴がなければ特別な制限なく銃器を所有できる。カン容疑者はこうした問題が全くなかった。警察に銃を預け、狩猟が許可された時期に受け取ったのも正常だった。しかし狩猟用猟銃が殺人道具として利用され、銃器管理をさらに強化すべきだという指摘が出ている。カン容疑者の場合のように狩猟のために銃を使うと告げた後、犯罪目的に使っても防ぐ方法がないからだ。

  警察庁によると、先月末現在、警察が個人に所持許可を出した銃器は猟銃3万7424丁をはじめ計16万3664丁にのぼる。このうち猟銃は所轄警察署武器庫に保管することになっていて、殺傷力が低い他の銃器は種類によって個人が所持することもできる。

  一部では、狩猟期間にも警察が銃器所持者との常時連絡体系を構築するなど管理体系を強化する必要があるという意見が提起されている。銃器担当警察官1人が500丁以上の銃器を管理しているため、担当警察官を増やすべきだという主張も出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 忠南警察庁科学捜査隊員が25日、銃器による殺人事件が発生した世宗市のコンビニで現場鑑識をしている。カン容疑者はコンビニとその付近で猟銃を発砲し、元同居女性の父と兄、現同居男性の3人を殺害した。カン容疑者は事件直後に自殺した。
  • 犯行に使われた猟銃を収拾する警察。