2025年には韓国などが世界成長の主導権を掌握

2025年には韓国などが世界成長の主導権を掌握

2011年05月19日09時10分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界銀行が、ドルの主導権の終焉を予告し、韓国をはじめとする新興6カ国が今後20年余りにわたり世界の経済成長を主導するとの見通しを出した。

  世界銀行は17日に発刊した「多極化―新しいグローバル経済」と題する報告書で、「韓国とブラジル・中国・インド・インドネシア・ロシアの主要新興6カ国が2025年まで世界の経済成長の半分以上を占めるだろう」と明らかにした。

  報告書は今年から2025年までこれら6カ国をはじめとする新興国グループの経済成長率は年平均4.7%を記録すると予想した。世界銀行のジャスティン・リン首席エコノミストは、「新興国経済の急速な成長は経済成長の中心を先進国と開発途上国全体に分散させている。“多極化された世界”といえる」と話した。

  一方、米国をはじめとする先進国グループは同じ期間の経済成長率が2.3%にとどまり、世界経済への影響力は多少弱まるだろうと、世界銀行は予想している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事