北、新しいミサイル登場か…日本に射撃演習通報したわけは?

北、新しいミサイル登場か…日本に射撃演習通報したわけは?

2009年06月24日08時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  北朝鮮が同国東岸の元山(ウォンサン)沿岸部で軍事射撃演習を行うと予告したのは、軍事的緊張を高めたいとの意志を公開的に表明したものという見方が出ている。

  核実験以降、対北制裁の度が強まりつつあることに反発し、自国の「実力」をアピールする狙いだということだ。国際社会による制裁と周辺諸国の軍事的圧力に屈しないというメッセージも含めている。

  韓国政府当局者は「対北制裁決議が採択された後、北朝鮮全域でこれに反対する糾弾大会が開かれている」とした上で「韓国や日本に脅威となるミサイル発射の演習を公式的に進めることによって、軍事的緊張を高める狙いとみられる」という見方を表した。それだけに今回の発射では、新たなミサイルが登場する可能性もあると専門家は予測している。

  日本政府は特に北朝鮮が電子メールで海上保安庁に禁止区域を通報する際「軍事射撃演習を実施する」と具体的に目的を明らかにしたのも、対応への意志を表明したものとみている。北朝鮮は今月7日と17日にも禁止区域を通告したが、今回は区域が倍以上に広いことがわかった。

  北朝鮮のこうした出方は「米国の軍事的対応に取り組むレベルのもの」というのが日本の分析だ。米国が横須賀基地に配備中の空母戦闘群を北朝鮮付近に移動させ、韓半島に1時間で到着できるよう「F22ラプター」を沖縄に増強配備した措置と関係なくないということだ。また米国が北朝鮮の貨物船「カンナム」を追跡しているのも、北朝鮮が軍事的対応を準備する背景と考えられる。

  NHKは22日「北朝鮮が“韓半島の緊張を激化させている張本人は米国”と強調するのは、米国による船舶検査を牽制する狙い」と報じた。米国が国連安全保障理事会の決議通り、武器の輸出などを疑って船を停止させ貨物検査を求める場合、「実力」対応もできるという立場を伝えようとしているということだ。

【ホットクリック】

・ 「尊厳死」選択の女性、人工呼吸器外した後に自発呼吸
・ 北、新しいミサイル登場か…日本に射撃演習通報したわけは?
・ 小型ハイブリッド車に乗り換える環境部長官
・ 中国、5カ国協議に反対の立場表明
・ 韓国経済の潜在成長率、先進国に比べ急速に下落
・ 起亜自「ソウル」、米国で日産「キューブ」抑え1位
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事