韓国代表芸能企画事務所YGはどのように成功したか

韓国代表芸能企画事務所YGはどのように成功したか

2016年09月26日09時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
YGのヤン・ヒョンソク代表プロデューサー
  韓国を代表する芸能企画事務所のYGエンターテインメント(以下、YG)がことし創立20周年を迎えた。1996年弘大(ホンデ)前の半地下事務室で歌手の企画会社(「ヒョン企画」)からスタートしたYGを時価総額5478億ウォン(約500億円、KOSDAQ57位)規模に育てたヤン・ヒョンソク(47)代表プロデューサーに単独で会った。ことしは元祖アイドルグループ「H.O.T.」のデビューで象徴されるアイドル20周年で、YGの看板スターBIGBANG結成10周年でもある。

  今月21日、ソウル合井洞(ハプチョンドン)のYG社屋で会ったヤン代表は「YGファミリーという言葉を使ってきたが今は会社が大きくなりすぎた。他の象徴的な言葉を考える時が来たようだ」として20周年の所感を明らかにした。実際、YGはBIGBANGやPSYなど歌手だけでなくカン・ドンウォンやイ・ジョンソク、チャ・スンウォンなど俳優やモデル、お笑いタレントなどが合流しながら所属アーティストが多様化した。また、化粧品・飲食業・衣類業など事業分野もかなりの勢いで拡張している。ヤン代表は「事業の多角化は今後も継続していく」としながら「(タコ足という指摘もあるが)ファッション・化粧品・フードは必ず手にしておかなくてはならない事業分野で、シナジー側面でやらないのは愚かなこと」と付け加えた。

  ソ・テジワアイドゥルで芸能活動を始め、いつのまにかK-POPと韓流をリードする「YG帝国」の指令塔になったヤン代表は「YGの競争力は新しさ」としながら「変化しなければ退屈になりつまらなく思う私の性格そのままにYGを作ってきた。当時の基準で、全くアイドルらしからぬBIGBANGをデビューさせた時はヤン社長の目はどうにかなったのではないかとよく批判されもした」と振り返った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事