ロッテ、韓日共同プロジェクトで2兆ウォン投入「ベトナム版上海」開発へ

ロッテ、韓日共同プロジェクトで2兆ウォン投入「ベトナム版上海」開発へ

2014年04月11日14時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ロッテ資産開発が主導するロッテコンソーシアムが、ベトナムのホーチミン市に2兆ウォン(約2000億円)を投入して「エコスマートシティ」を作る。

  ロッテコンソーシアムは10日、ホーチミン市からトゥーティエム地区「エコスマートシティ」開発についての独占的優先交渉権を確保したと明らかにした。トゥーティエム新都市地区は657万平方メートル規模で、ホーチミン市が「ベトナムの浦東(上海)」として開発を推進している地域だ。トゥーティエムのエコスマートシティは、このうち10万平方メートル(約3万坪)の敷地に事業費2兆ウォン台を投入する大型プロジェクトだ。ロッテ資産開発が開発を主導し、日系投資家も参加して韓日共同プロジェクトとして開発する。

  ホーチミン市トゥーティエムのエコスマートシティは今年9月オープン予定のロッテセンターハノイ(地下5階・地上65階、延べ面積25万3000平方メートル)よりも事業費がさらに4倍かかり、面積は7倍も大きい。デパート・ショッピングモール・シネマなど複合ショッピングモールで構成された商業施設、ホテル・オフィスなどの業務施設、アパートなどの住居施設で構成される。ロッテコンソーシアムは今年中にマスタープランを立てて最終投資許可書承認を完了する計画だ。エコスマートシティというプロジェクトの名前にふさわしくエネルギー節約と親環境に焦点を合わせた形で開発するつもりだという。

  ロッテ資産開発のキム・ミングン海外複合事業部門長は「ロッテセンターハノイと共に、ベトナムだけでなく東南アジアの主要なランドマークになれるよう開発する計画」と明らかにした。ロッテはトゥーティエム事業を機に海外複合開発事業を本格的に拡大させていく方針だ。

  現在ロッテが進行中の海外複合開発事業は、ロッテセンターハノイ、ベトナムトゥーティエム地区のほかにも中国のロッテワールド瀋陽、ロッテ成都などがある。国内ではロッテモール金浦(キンポ)空港、ロッテワールドモール、ロッテモール水原(スウォン)、ロッテモール松島(ソンド)などの複合ショッピングモール開発事業を完了または進行中だ。最近では果川(クァチョン)複合文化観光団地事業のための了解覚書を締結している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事