外交部「韓米防衛費協定、10日午後2時30分に仮署名」

外交部「韓米防衛費協定、10日午後2時30分に仮署名」

2019年02月10日10時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
外交部の張元三韓米防衛費分担交渉代表と米国務省のティモシー・ベエッツ防衛費分担交渉代表。(写真=共同取材団)
  韓国が負担すべき在韓米軍駐留費用を定める防衛費分担金協定の仮署名が10日に行われる。

  外交部当局者は9日、「あす(10日)午後2時30分に防衛費分担金協定の仮署名が行われる」と明らかにした。

  仮署名は両国の交渉首席代表である外交部の張元三(チャン・ウォンサム)韓米防衛費分担交渉代表と米国務省のティモシー・ベエッツ防衛費分担交渉代表が進める。

  協定は米国側が提示した有効期間1年を韓国が受け入れる代わりに金額は米国が当初マジノ線として提示した10億ドル(1兆1305億ウォン)より低い1兆300億ウォン台で妥結したという。

  今年1年間に適用される韓国側分担額は昨年の分担額9602億ウォンに国防費引き上げ率8.2%を反映した1兆389億ウォン前後と把握される。

  協定は仮署名後に法制処の審査と閣議、大統領の裁可などを経て正式署名され、4月ごろに国会で批准同意案を議決すれば正式に発効される。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事