【時視各角】あきれる「サムスン・現代自動物園」(1)

【時視各角】あきれる「サムスン・現代自動物園」(1)

2012年11月13日11時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  このところ世界で一番ホットな企業はアップルとユニクロだ。先週末に世界のユニクロはお客であふれた。3億枚を売り尽くした怪力の「ヒートテック」を9900ウォンで割引販売したためだ。商品は品切れとなり、「お金を払っても買えない」というわめき声が振動した。アップルもあらゆる中傷が浴びせられているが依然として世界最高の企業だ。第3四半期の営業利益率も30%を超える威厳を誇る。ユ・チャンヒ同伴成長委員長は、「アップルは同伴成長の模範企業」と称賛した。一方、サムスン電子と現代・起亜自動車は「○○動物園」といじめられている。果たして公平な待遇だろうか。

  すでにiPhoneを生産する中国フォックスコンの工場の低賃金・長時間労働は広く知られている。1%台の営業利益率に耐えられないフォックスコンは単価引き上げを要求するほど怒っている。最近日本では「iファクトリー(アップルの納品業者)の呪い」が広まっている。日本の経済誌週刊ダイヤモンドによると、中堅企業のシコーはiPhone用自動焦点モーターを納品した後興奮した。「生産量を増やせ」という督促に生産ラインとクリーンルーム増設に力を入れた。だが、1日で注文はすべて消えた。アップルが競合会社のアルプス電気に発注先を変えてしまったのだ。シコーは経営破綻し民事再生法の適用を申請した。

  同誌は、「日本列島がアップル色に染まっている」と懸念を示した。ソニー、シャープ、東芝、エルピーダまでアップルに首ねっこを押さえられているということだ。アップルは「取り引きの事実さえ知らせるな」として1日単位で納期を管理する。それとともに「大量購入」の発注者の立場から自分たちの言い値で納品価格を圧迫するというのだ。もっと良い業者が目につけばそちらに鞍替えするのも常という。同誌は、「アップルの営業利益はこのような利益横取りの産物。iファクトリーは生殺与奪の権利を奪われたままアップルの下請工場に転落した」と伝えた。参考までにサムスン電子の「ギャラクシーS3」は依然として国産部品の割合が80%に上る。

  ユニクロの華麗さの裏にも不都合な真実が隠れている。ヒートテックの生地は東レが1万種類の試作品を開発した後にユニクロに合うものを選んで独占供給する。中国40カ所の委託工場が生地を渡され服を作る。生産・流通・販売の全過程をユニクロが統制し、消費者の好みにより2週間以内に迅速にすべての工程を変える。『ユニクロ帝国の光と影』(横田増生著)によると、ユニクロが生産する5億着の服のうち85%が中国の低賃金工場で生産される。「ユニクロの生産ラインで最も好まれるのは田舎から出てきたばかりの若い女性たちだ。なぜなら彼らが最も言いつけ通りにしっかりやるためだ」。ある程度働けば不満を抱くほど労働条件がよくないという意味だ。

【時視各角】あきれる「サムスン・現代自動物園」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事