【コラム】韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ(2)

【コラム】韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ(2)

2017年06月12日09時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  安倍首相の長い演説を聞いて見たら日本経済がこのように幸せな苦悶に陥った理由がわかるようだった。10年前に首相職を逃避した彼に対するイメージは影も形もなく、彼は政策専門家になっていた。その中でも胸に響いた部分は日経指数が2万を超えたり働き手が不足するという自慢よりは、日本式「所得主導成長論」だった。安倍首相は「私は企業家に会うたびに従業員の賃金を引き上げるよう話す」と何度も強調した。

  安倍首相は経済が回復するには国民がお金を使わなくてはならないという経済の本質を貫いている。このため安倍首相は企業投資促進に集中する実用主義を展開した。国民に人気はないが消費税を8%に上げ財政を拡充しながらも高付加価値観光産業のためには免税を拡大し、企業の輸出競争力強化のために円安を誘導した。消費振興のために包括的贈与税を導入し親が子どもにお金を贈っても2500万円まで非課税とするようにした。教育・結婚・新婚住宅取得に用途を限定することで富裕層への減税という言葉も出てこなかった。

  韓国の国民ならいま文在寅(ムン・ジェイン)大統領の経済政策である「Jノミクス」に対する期待が大きいだろう。だがこのためにはアベノミクスが成果を出した秘訣をよく見る必要がある。秘訣は3種類だ。最初に、外交安保から確かめよ。これが強固でこそ経済もうまくいく。安倍首相はロシアやインドをはじめとする全方位外交を通じ国際社会での立地を構築してきた。トランプ米大統領の当選直後に駆けつけ会談した。国益につながるという理由で最近では中国の一帯一路政策を積極支援すると明らかにした。

  2番目は果敢な構造改革だ。雇用を作る主体は結局企業という点で企業を踊らせているのだ。小商工人と中小企業の身をすくめさせる非正規職の一括的正規職転換や最低賃金1万ウォン引き上げのような手当たり次第の政策は日本にない。3番目は疎通だ。議院内閣制の特性だが安倍首相は常に国会に出て行き野党議員に直接政策を説明し説得する。この3種類だけしっかりやれば文在寅政権のJノミクスも希望を打ち上げられる。すでに5年目に入ったアベノミクスを跳び越えるJノミクスの成功を期待する。

  キム・ドンホ/論説委員

【コラム】韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事