【コラム】韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ(1)

【コラム】韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ(1)

2017年06月12日09時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の安倍晋三首相は10年で完全に違う人になっていた。1週間前に取材のため訪れた東京国際フォーラムで見た彼は堂々としており自信があふれていた。しっかりとした口調で長文の演説をした。原稿を表示するプロンプターを使ったが、内容を詳細に話した。聴衆を没入させ講演後は企業関係者らと食事もともにした。

  2007年9月12日、突然テレビの速報が始まると彼は辞任書を朗読し逃げるように首相を辞めた。第1次安倍政権が1年もたたずに崩れる瞬間だった。同年7月の参議院選挙惨敗が直接的契機だったが、相次ぐ政策失敗の末に首相職に耐えられなくない自ら廃族の道を選択したのだ。彼の失敗は未熟さから始まった。首相2人を輩出し父親は外相を務めた政治名門の家柄なので期待は高かった。だが側近を大挙登用し「お友達内閣」と揶揄された。この結果経済よりも右傾化イシューに重点を置き、国民と野党との疎通に失敗して政権は墜落した。

  その後福田康夫氏、麻生太郎氏が安倍氏の後に続いたが、自民党の無能に嫌気がさした日本国民は民主党を選択した。だがこの政権もやはり3年天下で終わった。理想は高かったが非現実的な政策実験ばかり行い国民は背を向けた。この時戻ってきた自民党のリーダーがまさに安倍氏だ。

  安倍氏はいま日本の政界で「安倍1強」と呼ばれ独走している。彼の看板政策は財政拡張・金融緩和・構造改革という3本の矢を使った「アベノミクス」だ。潜在成長率が依然として0%台にとどまり、過度な金融・財政依存にともなう副作用も懸念されている。だが日本経済は熱く燃え上がっている。今回国際フォーラムで会った大手建設会社社長は「現在会社の最大の悩みは仕事をする人を確保できないこと」と話した。日本の求人倍率は1.48倍だ。3人の募集に2人だけ応じるという意味だ。そこで非常対策として退職者を再び呼び戻す会社が少なくない。

【コラム】韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事