ブッシュ大統領「反テロ戦の法的根拠、韓国系米国人が提供」

ブッシュ大統領「反テロ戦の法的根拠、韓国系米国人が提供」

2005年12月25日18時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米紙ニューヨークタイムズは23日、ブッシュ米政府が展開している反テロ戦の主要理論のうち▽先制攻撃権▽捕虜への拷問▽秘密盗聴--などに関連した法律的根拠を韓国系米国人教授が提供した、と報じた。

  同紙は、01年9月11日の米同時多発テロ事件の直後、法務部に勤めたジョン・ユー(38)カリフォルニア大学バークレー校法科大教授が、こうした理論作りに大きな役割を果たした、と伝えた。67年に出生した直後、両親と共に米国に移民し、ハーバード大学、エール大学で修学したユー教授は、裁判官を経てバークレー校法科大の教授になる前まで法務省に勤めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事