日本防衛省「海外派遣自衛隊のうち54人が自殺」…深刻な数字

日本防衛省「海外派遣自衛隊のうち54人が自殺」…深刻な数字

2015年05月28日14時47分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本防衛省は特別措置法に基づき、インド洋とイラクに派遣された自衛隊隊員のうち54人が自殺していたことを27日、衆議院平和安全法制特別委員会で明らかにした。

  朝日新聞など日本メディアによると、防衛省はこれまでインド洋に派遣された海上自衛隊25人とイラクに派遣された陸上自衛隊21人、そして航空自衛隊8人が自殺していたことを明らかにした。

  自殺者の総数について質問を受けた防衛省の人事教育局長は「個々の原因を特定するのは困難だ」と回答した。これを受け、共産党の志位委員長は「自衛隊員の戦死者が出ていないものの、犠牲者がでていないわけではない」と指摘した。

  日本は2003年から2009年まで約9310人の自衛隊隊員をイラクに派遣した。また、2001年から2007年までテロ特別措置法によりインド洋に自衛隊員約1万3800人が派遣されたことが伝えられている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事