「金剛山公演中止」 北朝鮮、夜遅く一方的に通知

「金剛山公演中止」 北朝鮮、夜遅く一方的に通知

2018年01月30日06時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が金剛山(クムガンサン)で行うことにしていた南北合同文化公演を中止すると29日夜、一方的に通知した。韓国統一部は「北朝鮮が29日午後10時10分ごろ、南北高官会談の北側団長〔李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員長〕名義の通知文を送った」とし「2月4日に金剛山で行うことで合意していた南北合同文化公演を中止するという内容」と明らかにした。

  北朝鮮の公演中止の理由について、統一部は「北朝鮮は『韓国側メディアが平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)に関連し、北朝鮮が取っている真心込もった措置を冒とくするような世論を絶えず広めている』という理由を挙げた」とし「『北朝鮮内部の慶祝行事にまで言いがかりを付けている以上、合意した行事を取り消さざるを得ない』と言及した」と説明した。これは、最近、北朝鮮が平昌冬季五輪開幕式前日に建軍節を移動させて大規模な閲兵式を準備することが平昌五輪に水を差しかねないとする韓国メディアの批判に不満を表わしたものとみられる。

  これについて統一部は「このような北朝鮮の一方的な通知で、南北が合意した行事が開催できなくなったことについて非常に遺憾に考える」とし「やっと南北関係改善に向けて一歩踏み出した状況で、南北ともに相互尊重と理解の精神を基に合意した事項は必ず履行しなければならないという点を強調する」と述べた。

  北朝鮮は今月19日にも、翌日予定していた玄松月(ヒョン・ソンウォル)三池淵(サムジヨン)管弦楽団団長の韓国公演会場施設点検団(先発隊)派遣を控えて、突然、「派遣を中止する」と明らかにしたことがある。翌20日、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官ら政府高位当局者がメディアの推測性報道を自制してほしいと要請して数時間後に立場を変えて再び派遣を決めた。

  特に、韓国政府は北朝鮮の公演中止の通知が選手団や代表団の派遣にまで波及しかねないか注視している。北朝鮮は来月1日、選手団を京義(キョンウィ)線道路を通じて訪南させると伝えてきた。また、三池淵管弦楽団は6日に韓国に来て、8日と11日にオリンピックが開かれる江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)とソウルでそれぞれ公演する予定だ。北朝鮮がこの日の通知文でスキー合同トレーニングを中止する意向を明らかにしたかどうかは確認されていない。一部では馬息嶺(マシクリョン)スキー場は金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の政治功績である以上、ここで行われるトレーニングはそのまま推進させようとしているのではないかとの分析もある。しかし、今回の公演中止をめぐり、閲兵式を準備していた軍部が強い不満の声を出したという見方もある。これに伴い、今後、韓国政府とメディアの反応を見守りながら段階的に中止レベルを高め、最悪の場合、代表団の派遣撤回にもつながる可能性があるという指摘もある。

  一部では北朝鮮が南側の金剛山公演内容をめぐり拒否反応を示したのではないかという解釈もある。政府はK-POPなど韓国の大衆文化を公演項目に含める案も検討した。北朝鮮は韓国の大衆歌謡やドラマなどを「資本主義の腐った風」と決めつけて排撃してきた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事