石炭227億→26億トン、金972→317トン…北朝鮮の鉱物資源の埋蔵量は誇張されたもの

石炭227億→26億トン、金972→317トン…北朝鮮の鉱物資源の埋蔵量は誇張されたもの

2013年11月07日15時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中央日報の経済研究所が主催したエネルギーフォーラムが6日、「北朝鮮の鉱物資源は世界市場へ進出可能なのか?」というテーマで、ソウル太平路(テピョンノ)に位置する韓国プレスセンターで開かれた。参加者たちが挨拶をしている。
  「227億トン対26億トン」。前者は北朝鮮が主張する石炭の埋蔵量だ。これを国際基準に合わせて再び試算してみると、11%に過ぎなかった。韓国鉱物資源公社のパン・ギョンジン南北資源協力室長は6日、ソウル太平路(テピョンノ)に位置する韓国プレスセンターで開かれた中央日報の経済研究所主催のエネルギーフォーラムで、このように明らかにした。

  パン室長は「北朝鮮の鉱物資源の潜在価値が7000兆ウォン(約6500億8000万円)だと引用されているが、これは北朝鮮が主張する総埋蔵量に鉱物の相場を乗じたもので、大きな意味がない数値だ」と話した。北朝鮮など一部の社会主義国家では精密調査なしに単純に予測した数値まで全体の埋蔵量に含めているが、国際的には通用しない基準というものだ。ほとんどの国では調査を通じて算出した確定値と推定および予想値だけを埋蔵量として見る。

  国際基準を北朝鮮に適用してみると、埋蔵量が大きく減少する。石炭は227億トンから26億トンに、金は972トンから317トンに、鉄は37億トンから17億トンに減少した。北朝鮮の地下資源の統計資料は『朝鮮の地理全書(1988年)』『朝鮮中央年鑑(2004年)』程度だ。ここから出した埋蔵量を国際基準に合わせて計算し直したところ、石炭は11%、金銀32%、亜鉛は34%、重石は23%にとどまった。

  エネルギー経済研究院の孫良薫(ソン・ヤンフン)院長は「他国の資源について言及する際、互いに違う基準を適用することによって間違いが生じ、その結果として情報の信頼性が常に問題となっているが、北朝鮮も同様」と指摘した。

  続いて「北朝鮮の鉱物資源における開発投資の課題」を発表したエネルギー経済研究院の丁宇鎮(チョン・ウジン)選任研究委員は「北朝鮮の資源開発に対しては劣悪な電力事情を考慮しなければならない」と強調した。丁選任研究委員は「鉱山の開発費が100なら電力基盤施設を改・保守するために、追加で50程度が必要だと見なければならない」と分析した。彼は北朝鮮の電力インフラを考慮すると、現在としては国境地域の鉱山開発だけが実効性があると述べた。

  討論に参加した韓国交通研究院の安秉珉(アン・ビョンミン)北朝鮮北東アジア交通研究室長は「開城(ケソン)工団の例のように、北朝鮮は鉱山開発に高い環境基準を要求する可能性が大きい」とし、「北朝鮮への投資には予想外の費用があることをいつも念頭に置いておかなければならない」と述べた。しかし、ソウル大学の金泰由(キム・テユ)教授は「北朝鮮の経済で鉱物産業のレベルは1960~70年代の韓国と似ている」とし、「したがって、鉱山開発の産業連関の効果は大きく、目の前の経済的な面だけを考慮しては困る」と指摘した。未来の統一への費用として見るアプローチが必要ということだ。

  沈相福(シム・サンボク)中央日報の経済研究所長は、「北朝鮮の鉱物資源を中国が独り占めするという見方があるが、誇張された面がある。中国が北朝鮮の鉱山におけるインフラの開発を支援し、その費用を採掘した鉱物で持ちだすという一種の構想貿易の形で見なければならない」と述べた。北朝鮮の当局の資源開発への意志に対して、パン室長は「かなり高いほうだ」とし、「私たちの技術と経験やノウハウを北朝鮮に伝えてつなぎ合わせる積極的な姿勢が必要だ」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事