【社説】中国依存脱却してこそ韓国経済に未来あり(2)

【社説】中国依存脱却してこそ韓国経済に未来あり(2)

2017年03月19日13時17分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  だが、THAADの現した影もそれだけ大きくなってきた。中国依存度の過度な深化だ。韓国の全輸出入で中国が占める割合は4分に1に近い。12%である米国の2倍以上だ。貿易での対中依存度はそれだけ高い。貿易黒字の主な源泉も中国だ。1年で多ければ600億ドル、少なければ300億ドルだ。昨年も374億ドルの黒字だった。1992年の修交以来韓国の対中貿易黒字は520兆ウォンで対中貿易最大の黒字国だ。中国が「だれのおかげで生きられるのか」と声を上げるほかはない構造だ。

  これに対する警告の声がなかったのではない。中国が高度成長を終わらせ6%台半ばの中速度成長をしながら「中国効果」をこれ以上享受するのは難しいので備えるべきとの指摘が相次いだ。中国の証券市場が揺れ動くたびに「中国が咳をすれば韓国はインフルエンザにかかる」という叫びが出てきた。中国の産業競争力が高まり両国の技術格差が急速に減り対中輸出の大部分を占める中間財と部品産業の未来が暗いという懸念も提起された。

  だが韓国政府は簡単で甘い当面の誘惑に安住してきた。輸出多角化は言葉だけだった。さらに内需政策でも中国発の薫風を当然視し依存度を高めてきた。中国人観光客を狙った免税店事業権を大きく増やし、入国手続きを簡素化して中国人観光客の大規模なチメクパーティーを大々的に広報した。「済州島が中国の島になった」という話が出るほどだった。そうするうちにTHAADの伏兵と出会い、適当な対応策を見つけられずあわてているので政府が反省する点は少なくない。

  いまは好むと好まざるにかかわらず中国変数を再評価する時になった。中国はどうせ「世界の工場」から「世界の市場」へと変貌している。代替輸出基地と市場を探し中国依存度を低くしなければならない。

  THAADの報復が観光・流通に集中している点も教訓を与える。中国としても半導体など核心部品と中間財まで範囲を広げるのは容易ではない。自国産業と輸出に及ぼす影響がとても大きいためだ。韓中関係の毀損を防ぐ最善の方策が産業競争力維持という傍証だ。

  韓国が600兆ウォンに近い累積赤字を出しながらも数十年間にわたり日本との経済関係を維持・発展させてきたのは日本の産業競争力のためだ。政治・外交的不確実性を勝ち抜く力は結局産業と製品競争力から出る。(中央SUNDAY第523号)

【社説】中国依存脱却してこそ韓国経済に未来あり(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事