映画『バーニング』、仏映画批評家協会最優秀外国語映画賞を受賞

映画『バーニング』、仏映画批評家協会最優秀外国語映画賞を受賞

2019年01月11日13時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『バーニング』のポスター(写真=CGVアートハウス)
  映画『バーニング』(イ・チャンドン監督)がフランス映画批評家協会が選定した最優秀外国語映画賞を受けた。

  11日、製作会社ファインハウスフィルムによると、『バーニング』は『万引き家族』(是枝裕和監督)、『ファースト・マン』(デイミアン・チャゼル監督)、『THE GUILTY/ギルティ』(グスタフ・モーラー監督)、『犬ヶ島』(ウェス・アンダーソン監督)、『ファントム・スレッド』(ポール・トーマス・アンダーソン監督)などとノミネートされて最終受賞の栄誉にあずかった。

  これに先立ち、『バーニング』は昨年5月、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に招請されて好評されロサンゼルス映画批評家協会とトロント映画批評家協会(TFCA)からも外国語映画賞を受けた。

  また、韓国映画で初めて米国アカデミー外国語映画賞1次候補にも含まれた。アカデミー賞の最終候補作は今月22日(現地時間)に発表され、アカデミー授賞式は翌月24日に開かれる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事