メドベージェワ・羽生、平昌五輪の銀盤でも輝くだろうか…韓国は?(1)

メドベージェワ・羽生、平昌五輪の銀盤でも輝くだろうか…韓国は?(1)

2017年12月01日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
メドベージェワ・羽生、平昌五輪の銀盤でも輝くだろうか…韓国は?
  フィギュアスケートは冬季オリンピック(五輪)の花だ。派手な衣装と氷板の上で披露するジャンプ・スピンなど高難度技術。演技が終われば観覧席であふれる花束と人形などプレゼント洗礼。この全てのものが観衆の熱い歓呼に伴う。2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪でもフィギュアスケートの人気は数値にも表れる。フィギュア種目の入場券販売率(先月27日基準)は51%で、15種目のうち上位圏だ。ところで興行を率いるべきフィギュアスターが相次ぎ負傷でうめいている。

  フィギュア女子シングルの強力な優勝候補であるエブゲニーエフゲニア・メドベージェワ(18、ロシア)は右足首をけがした。足首骨と足の指骨の間にある中足骨の骨折でギブスをしている。最近、2シーズン連続で世界選手権で優勝したメドベージェワは現在世界1位だ。2017~18シーズンにも依然として最強だが、負傷の中でも今回のシーズンに出場した2回にわたる国際スケート競技連盟(ISU)グランプリ大会でいずれも1位を占めた。ただし、足首の痛みのために鎮痛剤を投薬して出場を強行した。メドベージェワは11月初め、グランプリ4次大会以降はリハビリに専念している。

  メドベージェワは「フィギュア女王」キム・ヨナ(27、引退)以降、女子シングルをリードしている。実力のように人気も高くてインスタグラムのフォロワーが23万人を超える。韓国アイドルが好きで人気男性グループのEXOのファンでもある。メドベージェワは「足に大きな痛みがあるが、五輪シーズンなので耐えなければならない。医師からグランプリファイナル(12月7~10日)に出場できないと言われる場合、最悪のシナリオになり得る」と心配している。

  ソチ五輪フィギュア男子シングルの金メダリストである世界1位羽生結弦(23、日本)も足首を負傷した。11月初め、グランプリ4次大会を控えてクアドロプル(4回転)ルッツジャンプを試みたが、倒れて右足首と膝をけがした。羽生はこの大会の出場をあきらめながらグランプリファイナルの出場権も得られなかった。羽生は昨年まで4シーズン連続で大会で優勝した。

  細いスタイルで鋭い顔つきの羽生は、少女漫画から飛び出したかのようなルックスで自国の日本はもちろん、韓国と中国でもファンが多い。2月平昌五輪のテストイベントとして江陵(カンヌン)で開かれた4大陸選手権大会当時、羽生を見るために日本と中国から数百人のファンが集まった。五輪に出場した羽生を見るために昨年、早目に江陵に宿泊を予約したファンもいるほどだ。ところで、負傷で羽生の出場が不透明になる場合、五輪の興行にも少なくない影響を与える可能性がある。羽生は先月10日「3~4週間休めば回復できる」としてカナダ・トロントでリハビリ訓練に集中している。

メドベージェワ・羽生、平昌五輪の銀盤でも輝くだろうか…韓国は?(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事