「日韓を遠ざける悪巧みする連中は撲滅を」

「日韓を遠ざける悪巧みする連中は撲滅を」

2017年06月12日07時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
二階幹事長
  安倍晋三首相の特使として訪韓中の二階俊博自民党幹事長が10日、韓日関係の改善を妨害する動きが両国にあるという認識を示し、「一握りの悪巧みをする連中は撲滅しよう」と述べた。

  二階幹事長はこの日、木浦(モクポ)の金大中(キム・デジュン)ノーベル平和賞記念館を訪問し、「両国を遠い位置に持ってい行こうとする勢力が韓国にも日本にも存在している」とし、このように話したと、日本メディアが伝えた。

  二階幹事長は「韓国にも少数だが(そのような連中は)見つけたら撲滅しよう」と繰り返し強調した。また「日韓が世界で一番近い、友好の国であることを後世に伝えなくてはならない。つまらないことでごたごたせず、仲良くしていく」と述べた。

  二階幹事長はその間、韓国が韓日慰安婦合意を履行するべきだと繰り返し強調してきた。9日の韓国メディアのインタビューでは、韓国国民の大半が再交渉を望むという話について「日本はお金を支払った。最初から再交渉しようというような愚かな話をすることは国際的には通用しない」と再交渉論を批判した。

  このため「悪巧みをする連中」とは韓日両国で慰安婦再交渉を主張する人たちを意味しているのではという解釈も出ている。二階幹事長は釜山(プサン)少女像問題で韓日関係が悪化した1月、「韓国が大事な国であることに違いないが、色んなことを話し合うにはなかなか面倒な国だ」と発言している。

  二階幹事長は全羅南道と姉妹協定を結んでいる高知県の尾崎正直知事、日本旅行業界の関係者ら約350人と訪韓した。二階幹事長は自民党総務会長だった2015年2月、韓日関係が悪化した中でも日本観光業界の関係者など約1400人を率いて訪韓した。日本国内の屈指の知韓派政治家に挙げられる。

  11日には尹鶴子(ユン・ハクジャ)氏(1912-68、日本名・田内千鶴子)が約3000人の孤児の世話をした木浦(モクポ)共生園を訪問した。12日には文在寅(ムン・ジェイン)大統領に会い、安倍首相の親書を伝える予定だ。安倍首相は9日、二階幹事長に会い、「韓国は大変重要な国であり、首脳間の交流や日中韓3カ国による首脳会議の開催ができるようにしていきたい」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事