特検「崔被告の娘の早急な送還は難しいと判断」

特検「崔被告の娘の早急な送還は難しいと判断」

2017年02月21日17時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
特検の李圭哲報道官。(写真=中央フォト)
  朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームは21日、「崔順実(チェ・スンシル)被告の娘、チョン・ユラ氏に対する早急な送還が難しいと判断している」と明らかにした。

  特検の李圭哲(イ・ギュチョル)報道官はこの日、記者会見で「既存の起訴対象者に対する控訴維持(裁判進行)も重要なことの一つ」とし、チョン氏に対する捜査が事実上不可能だということを示した。

  デンマーク検察は22日(現地時間)、チョン氏に対する拘禁終了を控えて韓国への送還を決める予定だ。だが、チョン氏がこの決定に従わなければ送還時期は遅れる可能性がある。

  そのため、28日の活動時限終了を控えている特検チームもチョン氏に対する直接捜査が事実上難しいとみているわけだ。黄教案(ファン・ギョアン)大統領権限代行が特検活動の期間を30日延長しても、チョン氏が現地で送還決定に従わなければ特検捜査は事実上不可能だ。ただし、李報道官は「チョン氏の送還の可能性に備えて徹底した準備をしている」と話した。

  一方、特検チームは朴槿恵(パク・クネ)大統領の「セウォル号7時間」の疑惑に関連して「それに関した医療不正に対する捜査結果を活動終了以降、ともに発表する」と予告した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事