<Joins風向計>「犬肉食べるのは文化…食用に賛成」79.1%

<Joins風向計>「犬肉食べるのは文化…食用に賛成」79.1%

2006年07月20日15時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国民は犬肉を食用として食べることについてどう考えているだろうか?結論から言うと、韓国民は犬肉の食用について、文化の一部に考えており、衛生的な犬肉管理のため政府が立法措置を取ることを望んでいる。

  ジョインスドットコムとメディアダウム、(株)リサーチ&リサーチが週間単位で行う社会指標分析調査「風向計」(research.joins.com)が、犬肉の食用に関連した国民意識を調べて分かったもの。ひとまず犬肉を食べることについて、韓国文化の一部だから賛成する、との意見が79.1%で非常に多かった。半面、国家のイメージを失墜させ得るから反対する、との意見は17.0%にすぎなかった。

  犬肉の場合、他の家畜とは異なり、畜産物加工処理法に犬肉の管理策が明記されておらず、犬肉の非衛生的な流通が指摘されてきた。犬肉の屠殺・流通の基準を法律化する案については「国民健康保護のレベルから賛成」との意見が73.8%で多かった半面「犬肉の食用を合法化させるから反対」との意見は22.8%にとどまった。

  同調査は、ジョインスドットコムとメディアダウムが(株)リサーチ&リサーチに依頼し、今月19日の1日間、満19歳以上の全国成人男女(済州道除く)700人を対象に、電話による面接調査の方式を通じて調べたもので、誤差の限界は95%信頼のレベルに±3.7%。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事