防弾少年団・IU、米ビルボード批評家が選んだ今年の曲トップ100入り

防弾少年団・IU、米ビルボード批評家が選んだ今年の曲トップ100入り

2018年12月12日09時03分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
防弾少年団、IU
  防弾少年団、Red Velvet、PENTAGON、IUの曲が米国ビルボード関係者が選んだソング・オブ・ザ・イヤー(今年の曲)トップ100に入った。

  11日(現地時間)、ビルボードは「今年の音源チャートは挑戦的で新鮮な曲でいっぱいだった。12カ月間のヒット曲は10年前の観点では認識できないほどだった」とし、スタッフが好む曲100曲を新たに選定した。

  この中で韓国歌手の曲も多数ランク入りした。防弾少年団の『FAKE LOVE』は22位にのぼった。『FAKE LOVE』は『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』のタイトル曲だ。該当曲を選んだC.Kは「このグループの『LOVE YOURSELF』シリーズは起承転結の構造となっており、歴史的にヒットした『FAKE LOVE』は絶望、寂しさ、心の痛みを表現している。防弾少年団がもう一つの別れ曲を作曲したとのことだけでは十分でない。彼らは真の悲劇とは失敗した愛の傷で失われた自我だと語っている」と説明した。

  独特のメロディのRed Velvet『Bad Boy』は43位となった。韓国内の逆回り人気で話題を集めたPENTAGONの『Shine』もビルボード関係者の目に入った。タマー・ハーマンは「今はグループから脱退したイドンの曲」と伝えた。

  IUの『BBIBBI』は87位にのぼった。ジェフ・ベンジャミンは「防弾少年団がK-POPの世界化に対する意識を証明したとすれば、IUは自分ならではの重みのあるK-POPを作り出している」としながら「曲はヘイターと非難する人々に甘い警告を発している。プライベートな領域を侵犯する相手にイエローカードを与える。IUが大衆歌手として感じる経験もあるだろうが、普遍的に追求する個人の権利としても受け止められる」と話した。

  一方、ビルボード関係者が選んだ今年の曲トップ100の1位はカーディ・B、バッド・バニー&J.バルヴィンの『I Like It』だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事