消えた中国人観光客、危機の韓国免税店(1)

消えた中国人観光客、危機の韓国免税店(1)

2017年04月13日17時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  少なくとも今後1~2年間は免税店事業を「金の卵を産むガチョウ」と言う人はいなさそうだ。むしろ免税店事業者は生き残りに悩んでいる。満ち潮のように集まった中国人団体観光客が引き潮のように抜け出た影響が大きかった。野ウサギの代わりに家ウサギ(内国人)を捕まえに出て、海外進出と市場多角化にあたふたと乗り出したが当面の衝撃は避けにくい状況だ。

  法務部が12日に明らかにしたところによると、3月に韓国を訪れた中国人観光客は37万8503人(速報値)だ。前年同月の61万9913人より40%減った。中国が3月15日付で韓国団体観光を禁止したのがすぐに反映されたものだ。この減少分はそのまま免税店事業の売り上げ下落につながる。昨年の免税店売り上げで中国人売り上げの割合は64%で7兆8000億ウォンに達する。韓国免税店協会によると先月仁川(インチョン)空港免税店の中国人売り上げは455億ウォンだ。前年同月比27%減少した。協会はこうした傾向が続くなら今年だけで最大5兆ウォンほど売り上げが減ると予想する。昨年の全免税店事業規模12兆2757億ウォンの40%が縮小する計算だ。

  市内免税店の衝撃はもっと大きい。昨年全免税店市場の半分に当たる6兆ウォンを占めた市場1位のロッテ免税店は旅行制限措置以降に中国人売り上げが40%減った。幸い韓国人売り上げが20%ほど増え全体の売り上げ減少は30%台に抑えた。他の市内免税店も少なくて20%、多くて50%以上売り上げが落ちたという。

  ある免税店業界関係者は「中国人観光客を通じて膨張してきた業界としては初めて体験する衝撃。地方や中小免税店の場合は打撃がさらに大きいとみている」と話した。

  実際に清州(チョンジュ)空港に入店したシティ免税店は先月清州空港公社に先払いで支払う4月分のテナント料を出すことができなかった。今月からは従業員の半分に給与の80%を払う有給休暇を施行した。

  韓国の市内免税店第1号の東和免税店は昨年赤字に転落した。12日に公開された監査報告書によると、東和免税店の昨年の売り上げは前年比10%増の3549億ウォンだった。だが営業赤字は124億ウォンを記録した。純利益も117億ウォンの赤字を記録し、3年ぶりに赤字に転落した。昨年第4四半期から続いたろうそく集会と新規免税店登場による競争激化などが業績不振の原因に挙げられる。

消えた中国人観光客、危機の韓国免税店(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事