【社説】「スケールの大きい提案」で南北の「スケールの大きい平和」求める時だ

【社説】「スケールの大きい提案」で南北の「スケールの大きい平和」求める時だ

2015年08月30日13時08分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  南北高官接触で6項目の合意事項が発表されてから韓半島の軍事的緊張は平常時水準に戻る雰囲気だ。国民の団結された力、政界から久しぶりに出てきた同見解の声、そして中国・米国の外交的支援により軍事的対決局面はひとまず峠を越えた。韓国ギャラップの調査で朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率も1週間前より15ポイント急上昇の49%を記録した。

  だが、油断は禁物だ。8・25南北合意で大きな成果を得たと自画自賛する時ではない。韓国政府は大統領の国政支持率回復に酔っていてもならない。冷静に考えれば北朝鮮も大きく失っていない。謝罪というのも韓国側の解釈であり、彼らは地雷挑発を認めないまま「遺憾」の表明にとどまった。代わりに韓国の対北朝鮮拡声器放送をやめさせた。北朝鮮が準戦時体制を解除したが、それでも挑発をあきらめたのではない。過去の経験に照らし北朝鮮はいつでも新たな挑発カードを切る恐れがある。

  そうした意味からこれが事態の終わりでは決してない。これからが始まりだ。何よりようやく到達した対話局面を持続可能に、安定的に管理しなければならない。一時的な「小さな平和」に安住するのではなく、この際根本的で恒久的な韓半島平和定着のために確固とした対話の枠組みを固めようということだ。

  南北対話局面は朴槿恵政権としては千載一遇の機会となりうる。北朝鮮からも肯定的なシグナルが出ている。金正恩(キム・ジョンウン)は「高官接触は南北関係を和解と信頼の道に変えさせた重大な転換的契機だ。われわれは禍を福に転じさせた今回の合意を大切に考え、豊かな結実として育てなければならない」とした。板門店高官接触の北朝鮮代表であった黄炳瑞(ファン・ビョンソ)と金養建(キム・ヤンゴン)も同様の発言をした。南北赤十字実務接触の日程も決まった。

  韓国政府はこのモメンタムを最大限に生かさなければならない。朴大統領の任期はすでに半分を過ぎた。憲法で大韓民国の領土は韓半島とその附属島しょと明記されている。大韓民国大統領は韓国だけではなく韓半島全体の大統領だ。したがって任期中に南北関係を革新的に導く案に対し深く考えなければならないだろう。

  北朝鮮に向けた「スケールの大きい提案」も果敢に考えてみる必要がある。このところしばしば議論される5・24措置解除や南北首脳会談提議のような「韓半島イニシアチブ」を前向きに検討してみることができるということだ。もちろん北朝鮮の哨戒艦爆沈に対する謝罪と再発防止の約束なくしては一歩も退くことはできないという声が依然として強い。しかし前提条件を掲げた追随型対応だけでは局面を転換させにくい。

  それならば決断が必要だ。南北当局会談や離散家族再会は大変重要だが、制限的なことは事実だ。効果が小さいとか、する必要がないという意味ではない。これはこのまま着実に推進するものの、もっと大きな平和と和解、さらには統一を主導していくもっと大きな決断が必要ということだ。

  ドイツ統一を成し遂げた鉄血宰相ビスマルクは「神が歴史の中を過ぎる時、その裾を逃さずに捕まえることが政治家の任務」と話した。いまは南北が対話にUターンできる絶好の機会だ。 「スケールの大きい提案」を通じた「スケールの大きい解決法」は歴史に残る「スケールの大きい指導者」だけができる。「小さな交渉」に没頭していては大きな目標は延ばされやすい。いまはその「大きな答」を描かなければならない。それでこそいつか「神の裾」が私たちの横をかすめて過ぎる時にためらうことなく捕まえることができる。(中央SUNDAY第442号)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事