韓国の会社員が最もむかつく瞬間は?

韓国の会社員が最もむかつく瞬間は?

2013年04月02日17時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
  会社員が最もむかつくのはどういう場合か。

  就職ポータルサイト「ジョブコリア」で3カ月間、男女会社員1923人を対象にアンケート調査を実施した結果、会社員は最もむかつく瞬間に「上司にごまをする同僚を見た時」(24.3%)を選んだ。

  次いで「同期または後輩が自分よりうまくいく時」(22.6%)、「自分の企画書・成果が上司の名前で提出される時」(18.4%)、「誰?という人が上司に天下りしてきた時」(16.6%)、「同期と比較される時」(11.3%)、「会食で最も安いメニューを注文する上司を見た時」(6.9%)などの順となった。

  一方、「むかつく上司と後輩を見た時に表れる症状」は、「火病」(35.2%)が最も多く、「純度高い怒り」(16.5%)、「頭痛」(14.5%)、「メンタル崩壊」(10.5%)、「吐き気」(7.3%)、「心臓の高鳴り」(6.9%)、「急性ダークサークル(目のくま)」(3.1%)が後に続いた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事