国内初のフィルターたばこ「アリラン」が18年ぶり復活

国内初のフィルターたばこ「アリラン」が18年ぶり復活

2006年02月23日17時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  88年オリンピック(五輪)を最後に姿を消した「アリラン」たばこが3月1日から再び販売される。

  「アリラン」は、1958年に韓国で初めて発売されたフィルターたばこ。 58-76年と84-88年の2回にわたり計24年間販売されたが、今回、新しい姿で復活する。

  新たに発売される「アリラン」1本当たりのタールは4.5ミリグラム、ニコチンは0.45ミリグラム。 消費者価格は1箱(20本)2500ウォン(約300円)。

  KT&Gの関係者は「新しいアリランには酸素強化フィルターが適用され、味がソフト」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事