【社説】韓国UFOキャッチャーブームと不況期青年の不安な未来

【社説】韓国UFOキャッチャーブームと不況期青年の不安な未来

2017年04月13日16時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国ではUFOキャッチャーがブームだ。町のコンビニだけではなく、大学街や若者たちが多く集まる通りにはUFOキャッチャー路地が造成されるほどだ。中高生から青年まで、UFOキャッチャーに夢中で、テレビ娯楽番組出演者も「UFOキャッチャーをして心配を忘れる」と話したほどだ。また、年間1万5000体の人形を取った中国人男性がYouTube(ユーチューブ)に掲載した「UFOキャッチャー攻略法」の映像は青少年の“神”映像に選ばれている。

  UFOキャッチャーは1000ウォン(約95円)札一枚で楽しむゲームで、不況期の青年たちの薄い財布でもひとまず近づきやすく、特に最近の若者層の一人遊び文化に合致しながら大きなブームとなって広がった。UFOキャッチャーを専門に扱うところ(UFOキャッチャー専用ゲームセンター)も急激に増え、ことし2月末までのゲーム物管理委員会に登録された数は1433カ所で、3カ月前の昨年11月(500カ所)に比べて3倍近く増えた。

  競争が熾烈になるにつれて商品も多様化し、ポケモンなど人気アニメのキャラクターはもちろん、最近はドローンまで商品として投入して青少年の足を捉える。

  一方では副作用に対する懸念も大きくなっている。UFOキャッチャーで取った商品をオンライン市場で売ってゲーム費に充てる一方、何万ウォンを一カ所で使い果たす青少年が増えて射倖性の憂慮が提起されたのだ。これについて、文化体育観光部も商品価格を規制するなど取り締まりの意思を示し業界との葛藤が生じている。

  もうひとつ、このブームの影に隠れたもっと大きな問題は、現在のUFOキャッチャー専用ゲームセンターの供給速度と規模が過剰の兆しを見せており、零細青年自営業者の崩壊の雷管になりうる点だ。経験則上、流行ゲームのブームは長続きせず持続の可能性が低いが、市場参入人口が爆発的に増加しているからだ。UFOキャッチャー専用ゲームセンターについても、既存の一時的な流行アイテムが歩んできた「過剰供給-競争激化-不動産費用の増加-需要減少-廃業」の道をたどるのではないかとの懸念が出ている。特に、UFOキャッチャー専用ゲームセンターの場合、機械一台当たり200万ウォン前後で多くの費用をかけなくてもよく、管理も無人システムに現金商売という利点を前に出して失業青年や若者層の副業族が大量流入しているため、この市場が下り坂になれば青年自営業者が大きな打撃を受ける可能性がある。

  すでに業界ではUFOキャッチャー専用ゲームセンターの次に、小さな空間で管理者がいなくても運営できる一人遊びアイテムとして「コインカラオケ」「VR部屋」等を挙げながら青年創業者を狙っているのが実情だ。3月の青年失業率も11.3%で2カ月連続で2桁だ。青年雇用対策もないままに「青年起業」を励行する無責任な社会風潮が、はっきりした創業の哲学や経験も積めないまま青年を創業市長に追い込んで失敗を助長させているのではないか、振り返る時だ。また、すでに自営業者数が550万人を越え、自営業者の負債が500兆ウォンを越えて経済の雷管になっている状況で、青年まで零細自営業者に転落させる起業ブームは望ましくない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事