韓国議員、米議員に日本の妄言批判する書信

韓国議員、米議員に日本の妄言批判する書信

2013年05月27日08時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の国会外交統一委員会所属のセヌリ党・尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)議員(院内首席副代表)は27日、米国の上下院議員に日本の政治家たちの突発行動や妄言を批判する書信を送る。ユン議員は書信で「米国をはじめとするアジア・太平洋諸国はやはり安倍内閣や日本の政治家たちの反歴史的・反倫理的で非理性的な言動に対して厳重な警告を加えなければならない」として「このような逸脱が続く場合、日本が参加しようとしている環太平洋経済連携協定(TPP)議論も再考するなどの実質的な行動を取る必要がある」と指摘した。さらにユン議員は「米国議会が近い将来、日本軍の性的奴隷(慰安婦)問題などに対してより進展した決議案の採択を推進すると分かっている」として「大韓民国の国会議員はより新しく鼓舞するような決議案が出てくることを期待する」と付け加えた。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事