韓国国防部長官「日本自衛隊の韓半島進入、米国が要請しても拒否可能」

韓国国防部長官「日本自衛隊の韓半島進入、米国が要請しても拒否可能」

2015年09月21日16時13分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓民求・国防部長官(写真=中央日報DB)
  韓民求(ハン・ミング)国防長官は21日、日本の安保法案制定・改正で自衛隊が韓半島(朝鮮半島)に進入する可能性について米軍の要請があっても拒否できると明らかにした。

  韓長官は同日、国防部で開かれた国政監査で「北朝鮮が戦争を起こせば戦作権を持つ米軍が自衛隊に(韓半島に)入ってくるよう要請すれば拒絶できるのか」という質問に対して「できる」と答えた。

  引き続き「戦時作戦統制権は米軍が持っているのはでなく、韓米軍統帥権者が一緒に決めること」としながら「われわれ大統領の許諾なしには(進入)できない」と説明した。

  韓長官はまた「集団的自衛権を含む今回の改正が、韓半島の安保に影響を及ぼす事項に対して韓国政府の要請と同意がなければならないという立場を明らかにした」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事