米下院外交委員長「日本、過ちを認めるべき」

米下院外交委員長「日本、過ちを認めるべき」

2014年06月27日07時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米下院外交委員会のエド・ロイス委員長は25日(現地時間)、日本政府による河野談話検証結果の発表に関し、「韓国政府とともに懸念する」と公開的に批判した。

  ロイス委員長はワシントンを訪問した趙太庸(チョ・テヨン)外交部第1次官に会った席で、「最も重要な歴史の教訓は過ちを認めることだ」とし、このように述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事