「KTX山川の故障の36%、外国部品が原因」

「KTX山川の故障の36%、外国部品が原因」

2011年09月23日13時46分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  KTX山川(高速鉄道)の故障の原因の36%が外国産部品のためだという主張が出てきた。

  23日に行われた国会国土海洋委員会のコレイル(韓国鉄道公社)国政監査で、ハンナラ党の鄭熙秀(チョン・ヒス)議員は「KTX山川は2010年に28回、2011年は7月までに22回の故障が発生した」とし「故障のほとんどは、動力の伝達、ブレーキ装置など安全と密接に関係する装置だった」と明らかにした。

  鄭議員は「KTX山川が起こした50回の故障の原因を分析した結果、外国産部品による故障が18回で36%にのぼる」と主張した。外国産部品の故障や修理について、部品自体に関する基礎技術が不足し、現代(ヒョンデ)ロテムが解決策を持っていないのが原因だと、鄭議員は分析した。

  鄭議員は「現代ロテムが国産化できない部品は、主幹制御器、信号装置、減速機など信頼性と総合安全度が考慮されなければならない部品」とし「これに対して確実な安全が担保されなければ、KTX山川に事故や故障が発生する可能性は非常に高い」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事