100%の技術自立の李舜臣大橋…日本企業関係者の必須見学コースに

100%の技術自立の李舜臣大橋…日本企業関係者の必須見学コースに

2011年03月08日12時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「海洋特殊橋梁を施工できる建設会社は世界でも数えるほどしかない。特に吊り橋を施工できる国は米国・日本・ドイツ・英国・中国だけだ。2012年に李舜臣(イ・スンシン)大橋が完工すれば、韓国は世界で6番目の吊り橋施工技術自立国になる」。

  国内屈指の橋梁専門家、大林(デリム)産業のユン・テソプ常務(51、写真)。大林産業が李舜臣大橋を国内技術で施工するための基礎を築いた人物だ。1982年に大林産業に入社し、西海(ソヘ)大橋、小鹿大橋現場所長など、これまで主要橋梁建設現場を見守ってきた。

  「李舜臣大橋のような大きな橋はその国の土木技術を象徴する。しかしこれまで吊り橋工事現場で私たちができるのは基礎土木工事だけだった。それではいけないということで、日本企業の技術を学び始めた」。

  吊り橋は橋脚間の距離をどれほど広げられるかで技術力が分かる。そのためには主要工程のメインケーブル設置作業が何よりも重要となる。直径5ミリ程度の鋼線1万2800本を重ねて一つのケーブルを作る。ユン常務は「この工程に必要な装備と熟練した技術を確保するのが最も難しかった」と語った。

  4年前に李舜臣大橋を設計した当時は、ケーブル設置装備を日本から借りて使用するしかない状況だった。しかしユン常務は今回の機会を逃してはいけないという考えで、ケーブル設置装備を開発することにした。そして多数の博士級人材を現場に呼んだ。基礎土木工事と主塔建設をする間、ユン常務らはケーブル設置装備を研究、製作した。その結果、およそ2年後の昨年、ケーブル設置装備を完成、李舜臣大橋の下に小型の李舜臣大橋を設置し、ケーブル設置練習までも終えた。

  100%の技術自立を実現するために試行錯誤を繰り返したというユン常務は「今は企業と政府がこうした技術を海外にたくさん売らなければならない時期だ」と主張した。

  「李舜臣大橋工事現場は日本など先進国の建設企業関係者の必須見学コースになった。国内の技術で吊り橋を建設できるというのも誇りだが、先進国の建設関係者が私たちの装備と技術を見て驚くのを見ると胸が満たされる」。

【ホットクリック】

・「亡命希望者4人を連れて来い」 北朝鮮が対面を提案
・自殺女優チャン・ジャヨンの手紙「性接待の苦痛、とても不潔で悲惨」
・【社説】繰り返される北朝鮮のGPSかく乱…対策は十分なのか
・前原外相に献金した女性「選挙権もなく政治資金も出せないとは…」
・韓国外交官3人、中国人女性とスキャンダル…政府資料まで流出
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事