‘盗作波紋’イ・ヒョリに広告主が5億ウォン損賠訴

‘盗作波紋’イ・ヒョリに広告主が5億ウォン損賠訴

2010年09月14日11時17分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イ・ヒョリ
  



  イ・ヒョリの‘盗作波紋’で訴訟が起きている。

  ソウル中央地裁によると、オンラインショッピングモール大手の「インターパーク」はイ・ヒョリとイ・ヒョリの元所属事務所Mネットメディアを相手取り4億9000万ウォン(約3600万円)の損害賠償請求訴訟を起こした。

  イ・ヒョリが4集アルバム収録曲の盗作事実を認めて歌手活動を中断すると明らかにした後、イ・ヒョリを専属モデルに起用していたインターパークの広告も打ち切られたからだ。

  インターパークは「広告モデルはブランドおよび企業イメージと直結するもので、盗作による活動中断によって自社のイメージが失墜した。これについてイ・ヒョリに損害賠償を要求した」という立場だ。

  イ・ヒョリは昨年8月、インターパークと1年間の専属モデル契約をし、7億1500万ウォンのモデル料を受けた。

  イ・ヒョリの所属事務所B2Mエンターテイメントは「イ・ヒョリも今回の事件の被害者。イ・ヒョリは契約に違反していない」と強硬対応を示唆した。

【ホットクリック】

・「読売のキム・ジョンウン映像は誤報、韓国外交官の息子」
・「金正日総書記、胡錦濤主席に会って後継者認定に相当な成果」
・在日同胞の主要株主4人「李伯淳銀行長は退くべき」訴訟
・朴泰俊ポスコ名誉会長、徴用被害者裁判の証人に
・<大リーグ>昨日までは野茂の後ろに朴賛浩、今日からは朴賛浩の後ろに野茂
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事