インド国賓訪問の文大統領「インドと交流は2000年前から…」

インド国賓訪問の文大統領「インドと交流は2000年前から…」

2018年07月09日14時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
インドを国賓訪問中の文在寅大統領夫妻がインド・ニューデリーのパーラム空軍空港に到着して歓迎客と挨拶を交わしている。(写真=青瓦台写真記者団)
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「南アジア国家と『人、共生繁栄、平和のための未来パートナーシップ』を構築することが『新南方政策』のビジョン。その中でインドは核心協力パートナー」と明らかにした。インド国賓訪問(8~11日)に先立ち今月5日に行われた現地メディアとのインタビューでだ。

  文大統領はインド最大の英字日刊紙「タイムズ・オブ・インディア」との書面インタビューで「世界で最も速く成長している国であり、有権者8億人を持つ世界最大の民主主義国家であるインドとの未来協力に対する期待が大きい」と述べた。文大統領はまず「20年余り前に初めて(インドを)訪問したが、いつか必ずまた来たいと思っていた」とし「昨年の就任直後、インドと東南アジア諸国連合(ASEAN)に最初に特使を派遣し、(南アジアに対する)私の強い期待と抱負を明らかにした」と紹介した。続いて「両国交流の歴史は2000年に達する」とし「韓半島(朝鮮半島)古代王国である加耶の首露王と結婚して許黄玉となった阿踰陀国(サータヴァーハナ朝)の王女から始まった縁は60年余り前に韓国戦(朝鮮戦争)に参戦したインド医療部隊まで続いた」と話した。

  今回のインド訪問は文大統領就任後、初めてとなる西南アジア地域の訪問だ。文大統領は「ナレンドラ・モディ首相も『積極的東方政策』を推進しながら韓国との協力を強調してきた」とし「インドと韓国が首脳レベルで両国関係発展はもちろん、領域内の平和と繁栄を積極的に推進しているため今後さらに大きな結実があるだろう」と述べた。文大統領は「インドと韓国を網羅するインド-太平洋地域の地政学的重要性が日々大きくなっている」とも述べた。

  インド訪問期間中、サムスン電子のノイダ新工場竣工式に参加する文大統領は「インド国民にサムスン携帯電話、LG家電製品、現代自動車は見慣れたブランドになった」とし「このように多くの韓国企業が人口12億5000万人に達するインド市場に対して大きな期待と関心を寄せている」と強調した。インドには韓国企業が1990年代から投資を増やし、現在は500余企業が進出している。

  文大統領は「現在、両国の経済協力水準はスタート段階だと思う」とし「今後、製造業、インフラ、先端産業分野で協力がさらに拡大することを期待する」と述べた。特に「インドは先端の科学技術や優秀な人的資源だけでなく、産業生産能力と広大な市場を有している」とし「韓国が持つ応用技術と経験、資本と結合すれば相互補完的で互恵的な経済協力がさらに速度を出すことができる」と強調した。第4次産業革命協力に関連しても「インドは多くの青年が基礎科学やソフトウェア分野で頭角を現わしていて、韓国は優秀な製造・商用化技術を有している」と期待を表した。

  文大統領は北核問題に関連しては「平和への道はない。平和こそが道なのだ」というマハトマ・ガンジーの名言を引用した後、「私や我が国民は韓半島で再び戦争が起きてはならないという確固たる立場がある。北核問題の平和的解決と韓半島平和体制、共同繁栄という土台の上に恒久的平和を築きたい」と明らかにした。

  また文大統領は南北首脳会談と米朝首脳会談の成果を紹介しながら「我々に与えられた課題は南北および米朝首脳会談の合意事項を早急かつ完全に履行すること」としながら「我々は率直な対話と善意の措置を通じて韓半島平和のためのプロセスをブレることなく推進していく」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • インドを国賓訪問中の文在寅大統領夫妻がインド・ニューデリーのパーラム空軍空港に到着して歓迎客と挨拶を交わしている。(写真=青瓦台写真記者団)
  • 文在寅大統領夫妻は8日午後(現地時間)、インド・ニューデリーのパーラム空軍空港に到着後、移動している。(写真=青瓦台写真記者団)
  • 文在寅大統領夫妻は8日午後(現地時間)、インド・ニューデリーに到着後、最初の日程としてアークシャルダーム寺院を訪問している。(写真=青瓦台写真記者団)
  • 金正淑夫人が4日、インドの留学生と共にインド映画を観覧している。(写真=中央フォト)