【時視各角】金正恩は悪魔か、平和の使徒か(2)

【時視各角】金正恩は悪魔か、平和の使徒か(2)

2018年05月01日09時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  もちろん金委員長を平和の使徒のように見るのは危険だ。今回の会談でいくら違う姿が浮き彫りになっても独裁者としての性向が消えたわけではない。今でも10万人ほどの北朝鮮住民が強制収用所で地獄のような生活を送っている。

  独裁者のイメージはカメレオンのようにすぐに変わったりもする。リビアの独裁者ムアマル・カダフィがそうだった。2003年に西側の圧力で核兵器の開発を放棄すると、「中東の狂犬」と呼ばれていたカダフィは突然、平和の使徒に変身した。さらに米国は核を放棄するよう北朝鮮とイランを説得してほしいとカダフィに要請までした。しかしイメージが変わっても本質は簡単には変わらない。カダフィは独裁者としての悪い行動を継続し、結局、2011年に怒った群衆に殺害された。

  客観的ファクトを歪めて事実と違うように伝達することだけが歪曲でない。自分の好みに合う内容だけを選択的に知らせ、全体像を見えないようにすることも歪曲だ。南北関係の改善を急ぐあまり当局が金委員長の半分の姿だけを宣伝すれば、これは国民を欺くのと変わらない。

  保守であれ進歩であれ、自身に不利な真実までも受け入れ、均衡の取れた見解を維持しなければいけない。そうではなく望むものばかりだけを見る愚を犯せば没落のどん底に国を導くしかない。

  ナム・ジョンホ/論説委員

【時視各角】金正恩は悪魔か、平和の使徒か(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事