現代車、7年ぶりフルチェンジの新型「ベロスター」 来年1月発売

現代車、7年ぶりフルチェンジの新型「ベロスター」 来年1月発売

2017年11月30日16時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
28日、メディア事前公開行事で姿を現した新型ベロスター。(写真=現代車)
  現代自動車の「ベロスター」が7年ぶりにフルチェンジで登場した。現代車は28日、江原道(カンウォンド)インジェ・スピーディウムで新型ベロスターのメディア事前公開行事を開いた。この日は偽装ラッピングされた状態だった。来年1月のデトロイトモーターショーで世界に公開された後、販売に入る予定だ。現代車の2018年の最初の新車となる。2011年に登場した第1世代ベロスターは現代の自動車のうち最も独創的なモデルと評価された。特に運転席側はドアが1つ、助手席側は2つという「1+2ドア」構造は、従来の車には見られなかった破格的な試みだった。

  この日公開された新型ベロスターも「1+2」の非対称ドアなど第1世代モデルの特徴的なデザインをそのまま継承した。しかしボンネットを長くし、上の輪郭線を低めたことで、従来のモデルよりスポーティーなスタイルになったと、現代車側は説明した。

  新型ベロスターは国内で「カッパ1.4ガソリンターボ」「ガンマ1.6ガソリンターボ」の2つのガソリンエンジンモデルで販売される。変速機は7段DCTを装着した。1.6ガソリンターボモデルに6段手動変速機を搭載したモデルも追加する予定だ。

  走行性能も改善した。現代車によると、ガンマ1.6ガソリンターボエンジンは1500rpm区間で最大トルクを発揮できるようエンジンを改善して低速走行性能を高め、瞬間的にトルクを高める「オーバーブースト」制御機能を現代車で初めて適用し、加速時のエンジンの応答性も向上した。

  新型ベロスター開発を総括したキム・ヨンヒョン現代車常務は「ユニークさを継承しながらスポーティーな要素を加えたデザイン、躍動的な走行性能、運転の没入感を高める多様な仕様で、優れたバランスを持つモデルとして開発された」と自信を表した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事