【時論】金正恩の独り立ち後

【時論】金正恩の独り立ち後

2013年12月30日17時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  張成沢(チャン・ソンテク)処刑は事実上、予告されていたことだった。金正恩(キム・ジョンウン)は父から受け継いだ“与えられた”権力を早期に“勝ち取った”権力に切り替えなければならなかった。父が設定しておいた軍部後見者の李英鎬(リ・ヨンホ)総参謀長が昨年7月に解任されたのは、その前奏曲だった。今年4月の最高人民会議では、首相の崔永林(チェ・ヨンリム)を朴奉珠(パク・ボンジュ)に置き換えた。軍部と内閣を金正恩が抜てきした若いエリートで埋めるのは当然の手続きだった。労働党から父の影を消し、金正恩の党に変えるためには、当然、最大勢力の張成沢がターゲットにならざるをえなかった。結局、張成沢除去は3代世襲権力の「独り立ち」という政治的必要性に基づく最後の作業だった。

  張成沢粛清は予告されていたが、速戦即決の公開逮捕と公開処刑の原因を説明するには不足する。追加の背景説明と決定的な契機がなければならない。張成沢の小王国はすでにエリートには牽制と嫉妬の対象だった。党行政部の権限乱用と過度な利権介入は、組織指導部だけでなく、国家安全保衛部・総政治局、さらに内閣にも目障りだったはずだ。機会を虎視耽々と狙っていたところに張成沢が金正恩の指示に抵抗したとすれば、これは唯一領導を拒否し、最高司令官の命令に従わない罪となり、すべての機関と組織が動いて反党反革命宗派行為と国家転覆陰謀に追い込んだとみられる。世襲権力の属性から始まった張成沢除去の必要条件が、エリート間の権力闘争と利権争いという事件的契機と重なり、劇的処刑の十分条件が整うことになったようだ。

  いよいよ自分一人で権力を握ることになった金正恩だが、将来は依然として不安で孤独だ。その場では頭を下げるが、面従腹背はそのままだろう。祖父のように生死を一緒にした「満州派」が守るわけでもなく、20年間の後継期間があった父のように自分の味方を作ることもできなかった。今はすべての決定の責任も自分に返ってくる。権力の安定性は増大するが、体制の安定性が不安になる理由だ。

  独り立ち後、金正恩権力に対する私たちの接近法はそれだけに、より慎重かつ現実的でなければならない。一部の報道機関や専門家のように、事実確認もなく各種の説を広め、軍事政変や急変事態が差し迫ったように騒ぐべきではない。国家情報院が報告したように、金正恩の権力は粛清後、速かに正常化・安定化している。ぞっとするような処刑を聞いて金正恩打倒の正当性を強調するのは自由だが、実際の北朝鮮の権力動向を分析するのは冷静な現実に基づく必要がある。金正恩権力の客観的安定性は認めなければならない。感情的な主張や主観的な希望だけで北朝鮮を見るのは避けるべきだ。

  むしろ私たちは金正恩体制が開放的権力に変化するよう牽引し、導かなければならない。金正恩が国際社会に背を向け、さらに中国をも気にせず内部の権力だけに執着するのは危ない。金正恩がいわゆる“自閉的”権力に疾走するのは防がなければならない。東欧の体制転換や中東のジャスミン革命は、すべて独裁だったが開放と交流に露出していたからこそ可能だった。国際社会に開放されて外部との交流があるところで民主化は可能だ。私たちも朴正熙(パク・ジョンヒ)時代に世界経済に編入され、開放と交流と国際的規範が広がったからこそ民主化が可能だった。金正恩も独り立ち後、人民の生活向上と経済発展という政策的パフォーマンスを必要とする。朝中経済協力と南北関係が持続的に拡大しなければならない理由だ。絶対権力の金正恩体制が対外開放と交流に向かわせてこそ、結局は体制転換と民主化も可能になる。独裁体制に対話と交流の「窓」が必要な理由だ。

  キム・グンシク慶南大教授・政治学
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事