9500億ウォンを稼ぐ韓流スターキャラクター「プッカ」

9500億ウォンを稼ぐ韓流スターキャラクター「プッカ」

2009年11月20日12時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  切れ長の目にアップスタイルの髪型をしたキュートな美少女キャラクター「プッカ(PUCCA)」。

  19日午後、ソウル・グランドインターコンチネンタルホテルのグランドボールルームで開かれたパーティーではプッカが主役だった。ファッションショーでモデルが着用した衣装はプッカが素材または柄になっていた。有名デザイナーのペク・ヒとパク・ヨンジュン、リサ・キムがデザインした靴、カバン、ジュエリー、いずれもプッカが入っている製品だった。

  パーティーには米ワーナーブラザーズ(WB)のグローバル社長団およそ20人も出席した。ウェーランWB南米&アジア首席副社長、ジャラカスWBグローバルマーケティング担当首席副社長が登場し「急成長するプッカとともにビジネスを展開することになり、うれしく思う」と歓迎の言葉を伝えた。

  プッカの制作会社「ブーズ」のキム・ブギョン代表(37)は中央日報とのインタビューで「今年初めの北米・南米に続き、最近、欧州・中東・アフリカの販売とマーケティング・営業まで代行するという内容で、WBと契約した」とし、WB社長団が大挙出席した背景を説明した。

  これによってプッカは世界市場のうち、日本を除いたほぼすべての市場に参入することになった。同氏は「ルーニー・テューンズ、トウィーティーなど世界的なキャラクターを持っているWBがほかの企業が保有するキャラクターのビジネスを代行するのは非常に異例のこと」と説明した。

  プッカはすでに海外市場で最も売れている韓流スターのひとつだ。昨年アパレル、靴、化粧品、ホームデコレーションなどプッカを用いた製品およそ3000種類が海外で販売され、製品の売上だけで約4750億ウォン(約360億円)を達成した。これにより昨年、ロイヤリティーの収入を通じ160億ウォンを稼いだ。

  今年はこれよりほぼ倍増の売上(約9500億ウォン)、ロイヤリティーの収入(約320億ウォン)を予想している。この日開かれたファッションショーとパーティーは海外で売れているプッカが韓国市場への攻略を宣言する舞台だった。

  韓国のキャラクター産業市場がロイヤリティーもきちんと受けることができず、キャラクター関連製品もグッズなど一部に終わるなど劣悪だと判断したキム代表は、03年に韓国市場を離れた後、ひとまず海外市場に全力を尽くした。だが今では「グローバル市場への参入に成功した経験を生かし、プッカを国内でも愛されるブランドにしたい」と強調した。

  キム代表は「プッカは“キャラクターでなくブランド”」とした上で「10、20代の女性が好むファッションブランドに位置づけたい」という抱負を述べた。同氏は「ワールドディズニー社に数百億ウォンでプッカのキャラクターと会社を買収する案を提案されたが、しばらく悩んで断った」とし「ブーズを韓国のワールドディズニーに育てたい」と語った。

【ホットクリック】

・ 焼肉・キムチ・神仙炉…オバマ大統領「デリシャス」連発
・ <野球>金泰均・李机浩が抜けたハンファの監督「泣きたい気持ち」
・ 和田春樹東大名誉教授「来年は天皇の訪韓が必要」
・ ポスコ、トヨタの「潔癖症」に合わせて拡大鏡検査
・ <サッカー>ヒディンク監督が北朝鮮監督に?賛否めぐり話題に
・ ロッテ、新入団金泰均によるキムチバーガー発売を検討
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事